黒革の手帖/あらすじとネタバレと感想

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

黒革の手帖の概要

制作:2017年 日本
監督:本橋圭太、片山修
出演:武井咲、江口洋介、仲里依紗、滝藤賢一、和田正人、他

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
スポンサーリンク

黒革の手帖のあらすじ

スポンサーリンク

黒革の手帖のみんなの感想

ネタバレなし

黒革の手帖は、本でみたことがあるので誰がどんな風に演じるのかと興味を持つことができました。武井咲が演じていますが、できないだろうとちょっと悪い想像をしてしまいました。しかしその想像をはるかに超える見事な演技力で違う役者になれたと思った事です。
清楚な武井咲が、どんな風に夜の世界に染まっていくのか、それが面白いです。しかも人というのは、わからない、どんな人でも変身するんだと思うことができます。野望を持った女性は、とても強いですね。銀行でつとめていただけあって、やっぱり賢い女性ということもわかります。心理的にも面白く見ることが出来るし、武井咲の変身ぶりも面白いです。(50代女性)
米倉良子verがまだまだ記憶に新しく、武井咲ちゃんがどうやってクラブママを演じるのか、演じられるのかちょっとハラハラして見始めました。が、予想に反して、というか、想像以上に武井咲ちゃんが美しくて、美しすぎてww毎回画面にみとれてしまいました。お肌ぴかぴか、目もキラキラ☆和服姿も、ほんもののママ、といよりはみずみずしくて、これはこれでほんとよかった。ドラマの流れ、あらすじは米倉版でだいたい知ってたので、ストーリーを楽しむというよりは、わたしはひたすら武井咲ちゃんの美しさを楽しんでました。ドラマ終盤で明かされましたが、妊娠中のドラマ撮影?だったのかな。エグザイルタカヒロさんとの婚約は決まっていた時期ということで、どうりで美しさMAXだったわけですね☆
あと、山田波子役の仲里依紗ちゃんもはまり役で何気によかった^^(30代女性)
原作を読んだ直後に放送が始まり、かなり期待大でした。
私の作品に対する思い入れがかなりのものだったことは否めませんが、主人公を演じる俳優さんとして武井咲さんにはちょっと荷が重すぎたんじゃないかと思います。
だって、上手く立ち回って夜の世界を冷ややかに見下ろす感じが私が持つ作品のイメージ。
ところが武井咲さんは清潔感があり過ぎて、夜のイメージとはかけ離れています。
人選を変えていれば、ドラマ全体のイメージがガラリと変わり、なかなかの見応え作品になったのではないかとちょっぴり残念でした。
高畑淳子さん演じる中岡のシーンが一番安定感があり、私が頭の中に描いていた黒革の手帳のイメージに寄り添っていました。(40代女性)
様々な年代で映像化されてきたこの作品は、2000年代では、米倉涼子さん、武井咲さんが、主人公である原口元子を演じてきました。
平凡な銀行員だった女性が、やがてその美貌と、黒革の手帳を使い、どんどんのしあがっていきます。
本来なら、悪女として嫌われるはずなのに、なぜか元子は女性からの支持が強いのです。
おそらく、その理由は、彼女が自分の信念に基づいて、しっかりと立っているからではないかと思います。
彼女の、一人で突き進んでいく姿は、とても孤高で、気高く感じるのです。
そして、演じる女優陣も、いわゆる悪女とは思えない人たちばかりで、だからこそ魅力的に見えるのかも知れないと思いました。(40代女性)
2017黒革の手帳は武井咲が演じていましたが、その前に米倉涼子も主演いていました。イメージは米倉涼子の方が強く、視聴率も高かった様に思います。武井咲では役不足ではないかと見ていました。夜の世界でのし上がって行く女としての迫力に欠けていると思います。米倉涼子の女の生きざまの方がやはり合って居ました。しかし、此のドラマを見ていたのは武井咲の女優としての魅力でしょう。2017年前後は武井咲の絶頂期ではないでしょうか。色々なドラマにCM、出ずっぱりでした。ドラマとしては迫力に欠けてこじんまりと纏まってはいましたが、それなりで武井咲見たさで見ていたと思います。米倉涼子の方が女優としは上手いのか、役柄が合って居たのか、前作のイメージを超えるのは大変だと思います。(60代男性)
以前放送されていたストーリーを知らなかったので、何も知らない状態で「黒革の手帖」を見ました。主人公は普通に窃盗をした犯罪者だということから始まりましたが、なぜか気づいたら彼女を応援してしまっている自分がいました。武井咲さんのキャバクラが似合いすぎて、本当に素敵でした。また、銀座のママ感も凄くて周りから好かれる姿はもはや私にとって憧れにも感じ、こんな女性になれたらいいとも思いました。最近のドラマには珍しくシンプルなバッドエンドだったのが心寂しく思いましたが、犯罪者だということを思い出してそりゃそうなるわと改めて思ったりもしました。時間があるときに、米倉涼子さん主演の方も観てみたいです。(20代女性)

ネタバレあり

常識はずれの予想外な行動で人を利用したり、女の争いに勝ったりして、頂点に上り詰める主人公を演じている武井咲さんが、役に入りきって正にはまり役といった感じで素晴らしいと思います。
一見おしとやかで清楚に見えますが、実はものすごい根性が座っている行動派という感じが似合いすぎていると思います。
大物実力者を手のひらで転がしている感じが見ものだと思います。
江口洋介さんの役どころにも驚くと思います。
今までは正義感の強い感じが多かったですが、この作品では不倫をしたり、汚職に関わったりと少し悪い感じを出していて、新境地といった感じがします。
今まで何度もリメイクされてきましたが、今作が一番素晴らしいと思います。(30代男性)
とても印象に残っているドラマです。『黒革の手帳』。松本清張の作品。主役の銀座のママを武井咲さんが熱演。とても良かったです。初めの普通のOLの時から武井咲さんの美人なところは隠せませんが、どんどんと登り詰めて行く過程で、さらに美人度がアップしていく・・女性目線からも十二分に楽しめました。人の弱みを握ってまでも、自分の目的の為に突き進んでいく強さは、いつの時代も女性たちの憧れではないでしょうか。銀座のママという普通ではちょっと触れる事のない世界、そんなドラマの舞台にも魅力を感じんした。ママさん達の衣装も楽しみで、特にお着物には注目してしまいました。主役が強い女性でいて美人、そして豪華な衣装、どれをとっても『黒革の手帳』はとても見ごたえのあるドラマでした。(40代女性)
主人公の武井咲の美しさが際立つ作品。
泥と欲にまみれた夜の銀座の世界で、お金で全てを手に入れていれようと奮闘する様はとにかく美しく儚い。
まるでハリネズミのように全身で誰に対しても威嚇をしているが、お化粧と妖艶な表情と可憐な所作で上手にその棘をコーティングする演技力の高さは秀逸。
決して心の中枢には誰にも触れさせまいとしていたが、一人の男性に心揺れ動く恋物語も織り交ぜられており、唯一彼女の人間らしさが垣間見える場面として物語に華を添えている。
たまにその不器用さに見ているこちらまでヒヤヒヤさせられ、切なく悲しくなるときがあった。
人を裏切り、裏切られ、一人の男を愛し愛され、その中で結局得たものは何だったのか深く考えさせられる内容だった。
米倉涼子のリメイクとのことで、年齢が若すぎる点を心配されていたが、武井咲だったから成り立つ色っぽさと上品さが見事に反映された作品だと思う。(30代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました