アンフェア the answer/あらすじとネタバレと感想

アンフェア the answer 2011年の邦画

アンフェア the answerの概要

制作:2011年 日本
監督:佐藤嗣麻子
出演:篠原涼子、佐藤浩市、山田孝之、阿部サダヲ、加藤雅也、吹越満、大森南朋、寺島進、香川照之、他

アンフェア the answer(プレビュー)

アンフェア the answerの見どころ

テレビドラマの映画化2作目のアンフェア the answerを佐藤嗣麻子監督が映画化。
主演は篠原涼子。
1作目のアンフェア the movieの続編であり、前作で謎が残ったまま終わった警察の不正が書かれている機密文書の黒幕を暴くとともに、一つの決着をつける物語である。

アンフェア the answerのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

元警視庁捜査一課であった雪平夏見(篠原涼子)は北海道西紋別署に配属されていました。
西紋別で独り暮らしをはじめ、同じ刑事課の課長一条警部と付き合いだします。娘の美央はロスに行っていました。
東京ではネイルガン(釘を打つ機械)連続殺人事件があり、3つの死体が発見されます。
雪平の元旦那佐藤の指紋が3つ目の死体の近くで見つかり、佐藤は指名手配されてしまいました。雪平は佐藤に会いますが、佐藤は次に殺されるのは自分だから海外に行くと告げます。雪平はUSBのデータの解析を佐藤にお願いしていたのでした。しかしそのUSBの解析はできていませんでした。
ネイルガン事件では、1件目の殺人の近くで指紋が見つかったものが2件目の被害者に。2件目の遺体の近くで指紋が見つかったものが3件目の被害者になっていたのでした。
しかし次の日、佐藤の遺体が見つかり、雪平が逮捕されてしまいます。そこに東京地検の村上がやってきて、手を貸してくれ、二人は逃げ出します。東京に逃げ、村上の所有するビルに隠れますがネイルガンの犯人に襲われ、間一髪のところで一条に助けられます。そしてネイルガンの犯人が結城という人物だと判明します。
雪平は結城の自宅に行きますが、結城は自分は襲っていないといいます。結城の言葉を信じ、結城と雪平は手を組みます。USBを渡せばもう付きまとわないと一芝居打ったのでした。

ネタバレと結末

そして死んだふりをした雪平の前に現れたのは一条でした。
一条は結城に雪平を殺す指示を出しただけでなく、佐藤の事も殺していました。
一条はUSBを取って結城を殺して行こうとしますが、雪平が阻止します。そして一条は自白し、逮捕されます。その時点でUSBはどこにも見当たりませんでした。そして一条が拘置所で自殺します。
佐藤は雪平のために、USBを差すと雪平のパソコンにデータが送られて、元のUSBにはデータが無くなってしまうという仕掛けを作ってくれていました。
雪平の携帯に、どこかでUSBが開かれたというメッセージが届きます。その知らせは東京地検の村上がUSBを開けたというものでした。村上の傍には死んだはずの一条、そして雪平の友人のはずの三上が居ました。すべての黒幕が村上と気づいた雪平ですが、同時にこのUSBの中身を持って居るのは自分ひとりだという事にも気が付いたのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました