おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

「クライ・マッチョ」興行収入推移と観客動員数まとめ

興行収入

画像はYahoo!ニュースより引用

2022年1月14日公開「クライ・マッチョ」の興行収入推移と観客動員数をまとめました。

「鬼滅の刃 無限列車編」が「千と千尋の神隠し」の興行収入を抜いたことをきっかけに、以前よりも興行収入に関する情報を、目にする機会が増えたと思います。

情報が入る度に追記させていただきますので、映画を鑑賞する際の1つの指標として活用ください。

クリント・イーストウッド監督の監督デビュー50年、40作目となるアニバーサリー作品。
落ちぶれた元カウボーイと少年の旅を通して、「本当の強さとは何か」が描かれています。
スポンサーリンク

「クライ・マッチョ」の興行収入推移と観客動員数

日数興行収入動員数
公開3日(1/16まで)6250万5780円4万7912人

「クライ・マッチョ」の作品情報

制作2021年 アメリカ
配給ワーナー・ブラザース映画
監督クリント・イーストウッド
製作クリント・イーストウッド
アルバート・S・ラディ
ティム・ムーア
ジェシカ・マイヤー
製作総指揮デビッド・M・バーンスタイン
原作N・リチャード・ナッシュ
脚本ニック・シェンク
N・リチャード・ナッシュ

キャスト・出演者

  • クリント・イーストウッド
  • エドゥアルド・ミネット
  • ナタリア・トラベン
  • ドワイト・ヨーカム
  • フェルナンダ・ウレホラ

あらすじ

アメリカ、テキサス。
ロデオ界のスターだったマイクは落馬事故以来、数々の試練を乗り越えながら、孤独な独り暮らしをおくっていた。
そんなある日、元雇い主から、別れた妻に引き取られている十代の息子ラフォをメキシコから連れ戻してくれと依頼される。
犯罪スレスレの誘拐の仕事。それでも、元雇い主に恩義があるマイクは引き受けた。
男遊びに夢中な母に愛想をつかし、闘鶏用のニワトリとストリートで生きていたラフォはマイクとともに米国境への旅を始める。
そんな彼らに迫るメキシコ警察や、ラフォの母が放った追手。先に進むべきか、留まるべきか?
今、マイクは少年とともに、人生の岐路に立たされる―― 。

引用元・「クライ・マッチョ」公式サイト

評価・口コミ・感想

Twitterでの反応は以下の通り。


「クライ・マッチョ」の関連記事はこちら

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

興行収入
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました