シグナル 長期未解決事件捜査班/あらすじとネタバレと感想

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

シグナル 長期未解決事件捜査班の概要

制作:2018年 日本
演出:内片輝、鈴木浩介
出演:坂口健太郎、北村一輝、吉瀬美智子、木村祐一、他

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

シグナル 長期未解決事件捜査班のあらすじ

シグナル 長期未解決事件捜査班のみんなの感想

ネタバレなし

トランシーバーで過去と繋がるという突飛な設定がどういう理屈だろうと最初は気になってましたが、それ以上に本筋が面白く進んでいったので引き込まれていきました。時効というデッドラインに追われながらの操作、徐々に分かってくる過去との関係、トランシーバーを使うことで引き起こされる事態、そして物語の根底にずっと流れている不穏な空気…。全てがドキドキさせてくれました。大山さんの人柄と、大山さんが過去の三枝さんにしてあげたことに切なくなってしまいました。みんな、どうにか幸せになって欲しい。そう思っていたので、序盤で三枝が聞いた銃声が気になってました。そうして迎えたクライマックス、ああこうなったのか、と納得できるところに着地したと思います。原作が韓国作品ということで、韓国に興味がわいた作品でもありました。(30代女性)

ネタバレあり

視聴する前は普通の刑事ものだと思っていたのですが、いざ見てみると主人公がトランシーバーを介して過去の人間と事件を解決していくというところにファンタジー要素を感じ、毎回録画して楽しみに見ていました。”過去に干渉して未来を変えていく”そんなことができたならと誰もが一度は考えたことがあると思います。それが本作では主人公を中心に過去と現在に散りばめられた伏線とともに見事に実現されていて、何気ないワンシーンでも「これは何か意味があるんじゃないだろうか…」と主人公と一緒に推理しながら、視聴回数を重ねるたびに謎解きにのめり込んでいくストーリーでした。また主人公以外の登場人物のキャラもとても魅力的でした。一人一人にきちんとした背景があり、本作だけは退屈することなく最終回まできっちり視聴することができました。(30代女性)
過去と現在を行ったり来たりして一緒に事件を解決させていく、というストーリーがとても面白かったですし、大山と三枝の時空を超えたコンビがとても良かったです。
彼らの熱意ある捜査で事件を未然に防ぎ、未来が良い方向に変わっていくのを見るのは気持ち良いと思いました。亡くなったはずの大山が無線の中では生きていて、大山の人生もこの無線通信により殺されなくて済むのかも、とずっと願いながら見ていました。
ただもっと早く美咲とも無線で交信が取れると良かったと思います。
彼女は長い間ずっと、大山が戻ってくるのを待っていたのだから、無線でだけでも話をさせてあげたいと思いながら毎回見ていました。
最終的に大山が殺されなかった事は本当に嬉しかったのですが、行方不明状態で終わったのは残念でした。お決まりのハッピーエンドは面白くない、と言われても私はやっぱりみんなが幸せになる最終回が好きです。本当は三枝のお兄さんも生きていたら良かったと思いますが、さすがにそこまで変えると出来過ぎになり過ぎるのでしょうか。
いずれにしても三枝、大山、そして美咲の3人で会える日が来ると信じます。(50代女性)
久しぶりに見たシリアスなドラマでした。きっかけは吉瀬美智子さん。出始めからトランシーバーが出現し、一気に面白味と期待感が膨れ上がりました。ただ単純な刑事ドラマではなっかたのが良かったです。ただちょっと残念だと思ったのは、吉瀬美智子さんの若いころの演技。ちょっと無理がありましたね。個人的には。北村一輝さんはさすがな演技でした。若いころという設定でしたけど、違和感がなく正義感に溢れた刑事を見事に演じ切っていました。ストーリー展開も予想がつきにくい展開で毎回楽しく拝見出来ました。数の多い刑事ドラマの中でも記憶に残るものだと思います。過去と現代を行き来していても、解決できないもどかしさ、なんとも言えないものがありました。(40代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /
この作品を無料で見る
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /
この作品を無料で見る
タイトルとURLをコピーしました