SP 革命篇/あらすじとネタバレと感想

SP 革命篇 2011年の邦画

SP 革命篇の概要

制作:2011年 日本
監督:波多野貴文
出演:岡田准一、香川照之、真木よう子、松尾諭、神尾佑、山本圭、堤真一、他

SP 革命篇の見どころ

金城一紀脚本のSPシリーズを波多野貴文監督が映画化。主演は岡田准一。
テレビドラマで大ヒットし、SP野望編・革命編と続き、このあらすじは革命編である。
SP 野望篇からの続きで、国会議事堂を舞台にSPが戦いを繰り広げていく物語である。

SP 革命篇のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

尾形と伊達が国家を変革させようと計画していた、革命の実行の時が近づいて来ていました。
国会会議中に革命を起こす準備を整えていました。
井上の所属する警視庁警備部警備課第4係はその国会の警備を言い渡されています。
第4係の上司は尾形であり、その野望を知っているのも井上だけでした。尾形に肩入れしつつも、井上は警備に当たります。同じく革命側も警視庁警備部警備課第4係対策として、もうひとつの息のかかったチームを配備しました。官僚にももちろん息のかかった官僚が居て、傍観しようとしている官僚もいます。
警視庁警備部警備課第4係対策は、革命側のSPチームに攻撃され、井上以外はなぜ攻撃をされなければいけないのか不審に思います。井上がサッと説明し、警視庁警備部警備課第4係対策は戦う事にします。
国会では尾形が銃を撃ち、革命を宣言。国会議員達は逃げまとい、一気に革命メンバーが国会に流れ込んできます。井上たちは革命側のSPだけを相手にし、戦っていきました。
尾形らの革命側は国会議員の悪事を暴露し、麻田総理を追い詰めていきました。実は尾形の名前は偽名であり、昔麻田に殺された成瀬議員の息子だったのでした。尾形の目的は麻田の罪を暴き、殺すことです。
そのことを知った井上は革命側のSPを倒し、尾形を止めに行きます。警視庁警備部警備課第4係対策が国会に入ったことで一気に逆転し、尾形が伊達に助けを求めます。伊達もまた尾形の兄弟であり、麻田に父を殺されていたのでした。

ネタバレと結末

しかし伊達は尾形の革命が失敗に終わったことを悟り、一気に自分の保守に回ります。
SPに、尾形の確保を指示します。終わったと思い込んだ尾形は麻田だけでも殺そうと、麻田に銃を向けます。
追いかけてくる井上と対峙することになってしまいました。
尾形は井上にお前の親も麻田に殺されただろうと、仲間に引き入れようとしますが、井上はSPとしての任務を遂行し、麻田総理を守り抜きました。そのころ高級官僚達は上から他人のように見ていましたが、何者かに仕掛けられた爆弾により邸宅ごと吹き飛んでしまいます。
無事に終わると、尾形から井上に手紙が来ました。何が書かれているのかはわかりませんが、井上は長年悩んでいた頭痛がほぼ消えていることに気が付きます。それでも完治まではいきません。それはやはりこの国は何者かにて、何かの力が動いていることを暗示しているようでした。

SP 革命篇のみんなの感想

ネタバレなし

SPとは要人警護のスペシャリストをいうそうですが、この映画はそれ故に派手なアクションや、精鋭チームの連携ぶりなど、実社会ではスポットライトが当たらない縁の下の力持ちが活躍描いたお話。
ただ、あまり精神面での恨みつらみといった面よりも、フィジカルにフォーカスされているなぁと思いました。日本版のジェイソンステイサムみたいな感じでしょうか。ハリウッドや洋画のように派手さはないものの、たくましく動き回る日本版アクションというだけで希少価値があるそんな映画と思いました。(30代男性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました