GANTZ/あらすじとネタバレと感想

GANTZ 2011年の邦画

GANTZの概要

制作:2011年 日本
監督:さとうけいいち 、川村泰
出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、他

GANTZの見どころ

奥浩哉の人気漫画「GANTZ」を佐藤信介監督が映画化。
主演は松山ケンイチ、二宮和也。
PART1『GANTZ』とPART2『GANTZ PERFECT ANSWER』との二部構成。
この解説はPART1『GANTZ』のものである。
就活中の大学生が黒い球GANTZがあるマンションの一室に移動されており、異形の星人たちとの戦いを求められてしまう物語である。

GANTZのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

平凡な大学生の玄野計は就活中です。なんとなーく、就活の本を読みつつ、なんとなーく毎日のように面接を繰り返していました。
ある日駅で幼馴染の加藤勝(松山ケンイチ)が酔っ払いを助けていました。見るだけで何も行動しませんでしたが、さすがに電車がホームに入ってきた時に加藤を助けようと手を伸ばしてしまいます。
しかし二人ともがホームに落ちて電車に牽かれてしまいました。二人は幼馴染だというものの、最近では疎遠でした。この時が二人の久しぶりの再会なのでした。
そして二人が目を覚ますとマンションの一室で、直径1mくらいの黒い球体が置かれており、二人のほかにも何名かが居ました。この黒い球体がガンツです。
謎ばかりの玄野は玄関を確かめに、加藤はガンツに触れてみます。
二人は電車に跳ねられた記憶があり、不思議に思っているとガンツから光線が出て裸の岸本恵が運ばれてきました。そして急にガンツから音が鳴りだし、ラジオ体操の歌が流れ始めます。そして文字が現れました。「てめえ達の命は、亡くなりました。新しい命をどう使おうと、私の勝手という理屈なわけだす。帰りたかったら、この方をヤッつけに行ってください。」と。ねぎ星人 特徴・くさい 好きなもの・ねぎという特徴も書かれていました。
そして球体の横が開き、名前を書いたスーツケースと武器が現れます。裸の岸本にその服を着るように言い、みんなのうちの西だけははじめからスーツケースに入った服を着ていました。
皆は着替えないままでした。やがて一人がレーザー光線によって外に転送されます。
それでも良くわからず帰ろうとする皆に、西がみんな催眠状態で参加しているTV番組で、リアリティーショーというのだ。ミッションを達成したら賞金は10万ドルとウソをつきました。

ネタバレと結末

皆が目の色を変えてねぎ星人を見つけ武器を使い仕留めました。そしてこの戦いで生き残った人はまたマンションの部屋に戻されます。
それでも訳が分からないみんな。しかし事実は地球が星人に狙われていて、自分たちが一度死んでしまってガンツによって集められたこと、ガンツのミッションをクリアして点数を100点になれば自由になる事を知りました。ガンツの世界ではすごいパワーを見に付けれます。しかしメンバーは次々居なくなります。加藤もいなくなり、玄野はまた100点取って加藤を生き返らせるため、100点を目標にしだします。時を同じくして玄野は同じ大学の小島多恵に告白されてしまいます。
パート2に続きます。

GANTZのみんなの感想

ネタバレなし

ネタバレあり

まずついにGANTZを映像化出来る日が来たか~っと思いました。GANTZは原作の段階で一部のSFマニアからストーリーの設定が酷いなど、妬みともいえる低評価を受けていました。しかし、逆に言えば論争になるくらいストーリーが複雑で練られてい他のわけです。それを約2時間でどうまとめてくるんだろうというのもありました。結果衣装さんと大道具さんの勝利です。正直ストーリーの深さを求めるよりは、GANTZスーツカッコいい!とか銃の再現率半端ないな!とか観るほうが全然楽しめると思います。夏菜のは出オチ感あるけど、体張ってるし冒頭のあのシーンは印象強いですね。(30代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました