SPACE BATTLESHIP ヤマト/あらすじとネタバレと感想

SPACE BATTLESHIP ヤマト2010年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

SPACE BATTLESHIP ヤマトの概要

制作:2010年 日本
監督:山崎貴
出演:木村拓哉(SMAP)、黒木メイサ、柳葉敏郎、堤真一、西田敏行、山崎努、他

space battleship YAMATO – 実写版ヤマト予告
スポンサーリンク

SPACE BATTLESHIP ヤマトの見どころ

1974年から放送された国民的テレビアニメ「宇宙戦艦ヤマト」を実写化した映画で、滅亡の危機に直面した人類の最後の希望として旅立つヤマトとその乗組員の雄姿を描きます。日本最高峰のVFXチームによる最新技術を駆使した迫力あるCG映像が大きな魅力で、まるで本物かと見間違えるようなリアリティを感じさせます。また、古代進を始めとするおなじみのキャラクターを、誰がどのように演じているのかも見どころのひとつです。

スポンサーリンク

SPACE BATTLESHIP ヤマトのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

2199年、地球は異星人「ガミラス」から攻撃を受け、滅亡の危機にありました。地球人の総力をもってしても及ばない強力な力と破壊力を持つガミラス軍の攻撃により多くの生命が死に絶えてしまい、生き残った僅かな人々は地下に都市を築いて生活していました。しかし、地上に蔓延した放射能の影響が徐々に地下にも及ぶようになり、人類の滅亡まで残り1年余りという危機に陥ってしまいます。そんなある日、かつての地球防衛軍のエースパイロットであった古代進がレアメタルの回収の仕事をしていたところ、地上に落下してきた謎のカプセルを見つけます。そのカプセルを解析したところ、それは銀河系の遥か彼方にある地球よりも高度な技術と文明を持つ惑星「イスカンダル」から送られてきたもので、イスカンダルには地球の放射能を除去する装置があるため取りに来るよう勧めるメッセージでした。現在の地球人の技術ではイスカンダルまで行くことができませんが、カプセルにはそれを可能とする「波動エンジン」の設計図があり、それを基に波動エンジンを搭載する宇宙戦艦ヤマトを建造した地球防衛軍は、地球の命運を賭けてイスカンダルへ行くことを決定します。防衛軍で唯一生き残った沖田十三を艦長とする宇宙戦艦ヤマトは、ガミラスとの戦闘を交えながら戦闘班長である進を始めとする仲間たちと順調にイスカンダルに向けて進んでいましたが、病を押して艦長の務めを全うしてきた沖田の体調が悪化したため進が艦長代理に就任する、というあらすじとなっています。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

進の指揮の下で一路イスカンダルを目指すヤマトは幾度かのワープを経て遂にイスカンダルに上陸しますが、そこにもガミラス艦隊が待ち構えており激しい戦闘となります。次々に仲間が戦死していく中、イスカンダルの中心部にたどり着いた進・雪・真田・斉藤の4名は放射能除去装置を手にしますが、ガミラスの魔の手は迫っており、2人に地球の命運を託して真田と斉藤の2名は自らガミラス軍を道ずれに壮絶な最期を遂げます。必死の思いでヤマトに帰り着いた進と雪ですが、隊員の多くは戦死しており艦長である沖田も絶命してしまいます。なんとかヤマトで帰還することを考えた進ですが、ガミラスの総統でスラーによる攻撃は激しく、倒すためには最終兵器のヤマトの自爆を含めた波動砲しか手段がないことを知ると、親友である島に雪を託し波動砲の引き金を引きます。数年後、ヤマトにより命を救われた地球には、雪は進との間に生まれた子供と静かに暮らしていました。

スポンサーリンク

SPACE BATTLESHIP ヤマトのみんなの感想

ネタバレなし

ネタバレあり

みなさんご存じ、宇宙戦艦ヤマトの実写版です。ストーリーは第1作が基になっています。
謎の星ガミラスの侵略を受け、放射能汚染で滅亡寸前になった地球が、イスカンダルへの航海ののち、無事に緑の地球を取り戻す、というもの。
アニメ版のファンとしては、第1作以外からも2作目とかのセリフ回しなど取り入れ、「1本の映画に見られるようにまとめてあるな」と感心しました。
最後の最後、帰還寸前にガミラスの急襲を受け、波動砲すら封じられたヤマト。指揮を取る古代が、ユキを脱出させるために取った手段、そして特攻。
ラストは、賛否両論あるんでしょうね。特攻とかアレルギー持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、エンタテイメントですから大目に見てあげてください(苦笑)。(50代男性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

2010年の邦画
スポンサーリンク
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました