コクリコ坂から/あらすじとネタバレと感想

コクリコ坂から 国内アニメ

コクリコ坂からの概要

制作:2011年 日本
監督:宮崎吾朗
出演(声):長澤まさみ、岡田准一、竹下景子、石田ゆり子、風吹ジュン、他

コクリコ坂からの見どころ

佐山哲郎の原作、高橋千鶴の作画による漫画を原作に宮崎吾朗監督が映画化。
戦後の日本で少年と少女の純粋な恋愛の物語である。

コクリコ坂からのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

終戦後の日本では東京五輪を翌年に控え、横浜も気忙しい雰囲気です。
松崎家の長女高2の海は朝鮮戦争で亡くなった父に毎朝祈り、母はアメリカに単身赴任中でした。
海の見える丘に建つ「コクリコ荘」を家が経営しているのを引き継ぎ、妹たちの世話もしてから学校に行きます。海は家事もしますが、父から教えられた港に向けて信号旗を揚げるのも日課です。そして海の旗に返事をしてくれる人がいました。同じ高校の一つ上の風間でした。風間は父の船から海の旗を見ていましたが、海からは見えていませんでした。
ある日、学級新聞に、「旗を上げる少女」という詩が載せられていて、もしかすると自分の事ではないかと思いますが書いた人は不明でした。風間は新聞部の部長をしていました。
高校では文化部の部室棟カルチェラタンの取壊しの反対運動が始まっていました。
その運動をきっかけに、海と風間は仲良くなっていきます。そして次第に海は風間の事を好きになっていくのでした。そしてある日、海は亡くなった父の写真を風間に見せました。すると風間の態度がなぜかよそよそしくなったのでした。海は意味が解らなく、風間に問い詰めると風間の父と海の父は同一人物であり、血のつながった兄弟だということが分かりました。風間は仲のいい友達で居ようといい、海は落ち込みます。
風間は風間で今の父に本当の父を問いただすと、育ての父が乳児を亡くした時に、風間の事を引き取ったと言いました。それでも風間の父は俺が本当の父だと風間に言い聞かせます。
同じころカルチェラタンの取り壊しは生徒優勢に見えていたものの、取り壊しが決定します。

ネタバレと結末

校内ではダメだと踏んだ生徒たちは、理事長まで押しかけていきます。海と風間と水沼でいき、理事長はアポなしにも関わらずカルチェラタンを一度見に来てくれると約束しました。
帰りに二人っきりになった海は風間に、血が繋がっていても好きだと言います。風間もまた、抑えきれない気持ちを胸に「お前が好きだ」と言ってしまいます。
海が家に帰るとアメリカに行っていた母が帰宅しており、風間の事を聞きました。そして風間は海のお父さんお母さんの子ではなく、友人夫婦の子供だと言われますが、父の写真と風間が似ているために海は納得できませんでした。
次の日理事長がカルチェラタンの視察に来てくれ、取り壊しは無くなりました。そこにお互いの父の事を良く知る古い友人が港に来ていると聞いて、風間と海は駆け付けます。風間の父親が亡くなって、風間の母も出産の時に亡くなってしまい、とりあえず海の父が自分の子として戸籍に入れたといい、あの時の子供たちに会えてよかったってまた船に乗って行ってしまいました。
次の日、海はまた旗を振り、風間の船を笑顔で見つめています。

コクリコ坂からのみんなの感想

ネタバレなし

ほかのジブリ作品にはない、昭和(?)な学生生活の描写が個人的に好きでした。ジブリといえば絵の細かさが売りだと思いますが、そこもよくできていて感動していました。横浜の町並みはノスタルジックで見入ってしまいました。後半の恋愛模様は、ごたごたが多くていまいち把握できなかったのが残念なポイントです。とはいえ、全体的には起承転結が整っていて、最後まで面白く見ることができました。(20代男性)
昭和、それも戦後それほど間がない頃の横浜が舞台です。女子学生の「海」と、ヒーロー「俊」の爽やかな恋が微笑ましいです。盛大に盛り上がっても、キスもしない。また肩を組んで歌を歌ったり、友人同士が感極まって抱き合ったり。現代人の感覚からすると、こっ恥ずかしくなってしまうような真っ直ぐさが、観ていて清々しかったです。
個人的には、俊の友人「水島」くんの学生とは思えない落ち着きぶりが好きです。(30代女性)

ネタバレあり

メルの母親抜きで生活していく力には感心させられました。亡き父親を偲び仕事に忙しい母親に代わり宿を切り盛りしているメルが少しかわいそうにも思いました。学校では当時の日本のような学生運動が描かれていてとても見ごたえがありました。酷い母親なんだろうと思っていましたが恋心を打ち明けたメルにお父さんとの思い出を優しく語り、自分は相手をとても愛していたという姿勢を見せたシーンが良かったです。(20代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました