BRAVE HEARTS 海猿/あらすじとネタバレと感想

BRAVE HEARTS 海猿 2012年の邦画

BRAVE HEARTS 海猿の概要

制作:2012年 日本
監督:羽住英一郎
出演:伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、仲里依紗、伊原剛志、三浦翔平、時任三郎、他

BRAVE HEARTS 海猿の見どころ

海上保安庁の保安官で潜水士である主人公たち(通称 海猿)の活躍を描いた作品です。
テレビ、漫画、映画と大ヒットを記録した海猿シリーズの第4作目で完結作である。
原作は佐藤秀峰。主演は伊藤英明。
キャッチコピーは「命をかけて、命を救う―。」。

BRAVE HEARTS 海猿のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

2年前に起ったレガリア事件での経験より、仙崎大輔と吉岡哲也はスペシャリストである特殊救難隊に志願し、厳しい特訓を耐えていました。仙崎と環菜には二人目の子供ができ妊娠中です。吉岡は美香というCAの恋人ができています。
吉岡は美香にプロポーズするも、断られていました。ある日美香の乗った飛行機が翼のエンジンが壊れてしまい炎上しだします。一刻も早く飛行を辞めなければいけない状態になりました。
そしてジェット機を海上着水させることになりました。ジェット機の車輪が出てこないので、陸上には着地できないのでした。
鬼気迫る中、ジェット機は無事に海上着水できましたが、ジェット機が海上に浮かんでいられる時間は20分間です。その間に乗客を全員避難させなければなりません。海上保安庁、警察、消防が力を合わせて救助に向かいます。仙崎はまず、負傷した機長の村松をジェット機の前方に救いに行きました。村松にはもうすぐ子供が生まれようとしていました。仙崎が村松を励ましていると、ジェット機が半分に割れて、強い振動が起こってしまい、前方部分が沈んでいきます。酸素ボンベを駆使して二人は助かりました。
一方吉岡は美香を救いにジェット機の後方へ行きます。しかしジェット機が割れて振動し、前方が沈没した影響で、吉岡は機内に挟まってしまい、身動きが取れなくなってしまいます。
吉岡は美香を逃がし、その後すぐに吉岡はジェット機と共に沈んでいってしまいました。
絶望の中、仙崎は吉岡を信じて救出に行きます。仙崎を見た隊員たちも続いて救出に行きました。
仙崎は沈んだジェット機で身動きが取れない吉岡を発見します。吉岡はまだ生きていました。ジェット機に取り付けられていた、酸素ボンベを吸っていたのでした。
仙崎は酸素ボンベを吉岡に渡し、吉岡を助けます。

ネタバレと結末

吉岡と仙崎は無事に浮上することができました。
吉岡は改めて美香にプロポーズします。すると、美香は実はバツイチで、吉岡のプロポーズを受ける自信が無かったことを告白しました。
吉岡はさらにプロポーズし、美香にOKをもらいました。
仙崎は家族3人と、これから生まれてくる新しい命に幸せを感じながら生きている実感をするのでした。

BRAVE HEARTS 海猿のみんなの感想

ネタバレなし

潜水という業務が危険なものなんだということはこの作品を見るとよくわかります。とにかく出演している男たちの男感が暑苦しいです。あといちいちやかましい。確認行動のたびにそれほど大声をはりあげる必要があるのか、いちいちその動きは必要かなど、随所にツッコミどころが満載で、そういう一歩引いた視点で見るとそれなりに楽しめる作品です。(30代男性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました