アウトレイジ ビヨンド/あらすじとネタバレと感想

アウトレイジ ビヨンド 2012年の邦画

アウトレイジ ビヨンドの概要

制作:2012年 日本
監督:北野武
出演:ビートたけし、西田敏行、三浦友和、加瀬亮、中野英雄、松重豊、小日向文世、高橋克典、桐谷健太、新井浩文、塩見三省、中尾彬、神山繁、他

アウトレイジ ビヨンドのあらすじ

北野たけし監督のヤクザ映画アウトレイジの続編です。1作目のストーリーの続きから始まるので、見ていない方は1作目を見てからの方が楽しめます。任侠世界の純粋な面と、反面根回しや裏切りなどの外道な面が両方描かれていて、その間で主人公の北野武とその子分たちが独自の世界観を展開していきます。登場人物は全員悪人である。
キャッチコピーは「全員悪人 完結。」「一番悪い奴は誰だ?」。
前作から5年後を舞台にし、関東と関西の暴力団が権力抗争を繰り広げていく物語である。

アウトレイジ ビヨンドのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある日港で、海に沈んだ車が発見されます。車の中からはマル暴の山本刑事と女性の死体がありました。
山王会担当の山本の死亡原因は現役大臣の愛人との心中に見せかけた、山王会の手による殺人というのは警察には解っていました。
(前回映画の)5年前の内部抗争で、当時若頭だった加藤は二代目山王会会長になり政界に手を出すまでに拡大されて行っていたのでした。そしていつしか関東最大の山王会と呼ばれています。
しかし山王会では大友組を裏切った元金庫番石原が若頭に任命されます。加藤側の舟木たちの新顔が出世していく一方で、古参の幹部の鬱憤は溜まっていきました。
そして山王会の影響力が大きくなってきたので警察上層部も動き出します。
片岡刑事と繁田刑事で山王会を縮小させようという動きを始めます。しかし片岡は暴力団に癒着し出世してきた悪徳刑事です。繁田は片岡を嫌がっていました。
しかしうまくいかない刑事は、5年前の抗争で懲役10年で服役していた大友(ビートたけし)を仮釈放させます。元村瀬組の幹部木村と大友を和解させてどうにかしようと思っていたのでした。
5年前に山王会の傘下にあった組、池元組、大友組、村瀬組の抗争は片岡が大友は死んだらしいと山王会に告げていましたが、実は服役していました。
しかし石原は大友が生きている、そして出所してくると聞いて、焦り、自分が殺される前に大友を殺してしまおうと思います。
大友は突然出所することになり片岡を怪しみます。片岡の思惑を大きく裏切り、大友は堅気になるといいました。

ネタバレと結末

それでもなかなか堅気には戻れませんでした。大友は堅気になるのを許さない人たちによって、結局はヤクザの道に帰ります。片岡の思惑通り大友は木村と和解します。そして山王会に恨みを持つものとして動き出します。大阪の花菱会を頼ろうという木村。大友は乗り気ではありませんが結局は花菱会の後ろ盾ができます。
そして石原を殺し、加藤が孤立し、白山が山王会会長を継ぎ、山王会と花菱会の関係が出来上がりました。
木村は木村組を作り、大友を誘いますが堅気に戻ると言って韓国に渡ります。加藤は完全に山王会に追われ、殺されます。加藤を殺したのは実は大友でした・・・。
木村組は加藤殺しを疑われ、殺されます。そして繁田は片岡に失望し刑事を辞めます。
木村の葬儀が行われて、大友が現れるとまた片岡がそそのかしますが片岡に銃を向けるのでした。

アウトレイジ ビヨンドのみんなの感想

ネタバレなし

主人公はヤクザなのに、ふっとした瞬間にコメディアンのビート武の一面を見せたりするのでテンポが良く飽きません。ただ強烈な表現や、不快に思う描写などもあるので、その辺は注意ですね。北野武監督作品の中ではこのシリーズはかなり面白いと思います。(30代男性)
正直に言って、私は北野武作品を面白いと思った事はありませんでしたが、このアウトレイジシリーズは好きな作品です。非常に分かり易いストーリーです。他の彼の監督作品の、独特のリズム感、というよりはアップテンポな印象を受けましたし、私にはそれが合ってました。残虐性感は相変わらずですが、話の内容を咬みするのであれば、むしろ控え目と言っても良いでしょう。いつも北野監督の作品に感じる後味の悪さの様なものもあまり感じませんでした。人気があった作品と聞かされても納得のいく映画だと思います。(40代男性)
この映画は激しい映画です。北野映画の中でもかなり任侠系の激しい打ち合いや殺し合いの映像が多い映画でした。出演役者さんもとにかく多い。また、強面の俳優さん達を良くも集めたと感じるくらいたくさんの俳優さんの出演される映画でした。印象としては、怖い映画です。使われる言葉も任侠系の言葉がたくさん使われ、殺し殺され怒号が次々に出てくる映画でした。任侠系の映画が少なった昨今ですが、少し毛色の違った映画でした。(50代男性)
北野武監督のアウトレイジの二作目です。元々北野武監督の映画作品の大ファンであり、またヤクザ映画が大好きで、アウトレイジの一作目が凄く良かったのもあり、とても楽しみにしていて鑑賞しました。前作以上のバイオレンス・シーン、裏切りの多発で、手に汗握る展開の数々。最後の最後まで息つく暇ない超・エンターテイメント作品です。特に東京vs関西ヤクザの対決は最高でした。物凄い豪華キャストですが、その中でも西田敏行さん扮する関西ヤクザが圧巻で、圧倒的な存在感を醸し出していたのが凄く印象的でした。(40代女性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました