おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

おろしや国酔夢譚/あらすじとネタバレと感想

おろしや国酔夢譚邦画
スポンサーリンク

おろしや国酔夢譚の概要

制作:1992年 日本
監督:佐藤純彌
出演:緒形拳、オレグ・ヤンコフスキー、川谷拓三、他

スポンサーリンク

おろしや国酔夢譚の見どころ

井上靖の長編小説を佐藤純彌監督が映画化。
伊勢を出発した光太夫ら17人を乗せた神昌丸は嵐に会い、ロシアのアムチトカ島に着いた。17人の運命を描いた作品である。
主演は緒形拳。

おろしや国酔夢譚のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

1782年のこと。鎖国から150年経過していましたが日本は世界の事を何も知らないままでした。
そんな中伊勢を出発して江戸に向かっている途中に17名(作次郎、次郎兵衛、安五郎、清七、長次郎、藤助、与惣松、勘太郎、九右衛門、幾八、藤蔵、市蔵、小市、新蔵、庄蔵、磯吉)が乗る大黒屋光太夫の船「神昌丸」が嵐に会い、回路を大きく外れてしまいました。
およそ八カ月の航海の中で何人かは死んでしまいます。
そうして光太夫たちはロシア領のアリューシャン列島の中のアムチトカ島に到着しました。

当時の日本は鎖国(貿易禁止)されていました。帰る方法も船長の光太夫ですら今どこにいるのかわかりませんでした。それでも光太夫たちは言葉を覚え、アジア系の先住民族やロシア人と仲良く暮らしていきます。
伊勢を出てから五年後、光太郎たちは同じように船を無くしたロシア人と船を作り、カムチャッカ半島へ渡りました。
仲間は次々と死んでいき、渡るころには六人になっていました。そして光太郎たちはシベリアの都市であるイルクーツクへソリへ向かいます。そこで光太郎たちは日本語を話す日系ロシア人女性と出会い、日本人がロシアに渡った証拠でもありますが、生きて日本に帰った証拠もありません。聞いてみると生きて日本に帰ったわけではないことを知りがっかりします。事故で片脚を失った庄蔵はキリシタンとなりロシアに帰化します。
新蔵は現地のニーナと知り合いロシアに残ることにします。
博物学者と知り合った光太郎はロシアの女帝に直接日本に帰りたいという事を助言されます。

ネタバレと結末

1791年になり光太郎たちはロシアの女帝に会うべく、シベリアを横断してサンクトペテルベルクに向かいます。
しかし到着したもののロシアとトルコが戦争している上に、なかなか女帝には会わせてもらえませんでした。しかも仲介してくれるはずの博物学者まで瀕死の状態です。必死で看病しながらチャンスをうかがいました。
そうして女帝が離宮に移り、チャンスが訪れます。博物学者を元気にさせて、コネを使い光太夫を女帝を会わせることに成功します。光太郎も正装し、日本に帰らせてくれと頼みました。
そうしてロシア通商団を日本に向かわせることで光太夫、小市、磯吉の3名を日本に帰すことができましたが、残念ながら小市は船の中で死んでしまいます。
1792年、9年9カ月ぶりに光太郎たちは日本の地(北海道)に着きました。しかし日本は鎖国中なので光太郎たちの処分に困ります。光太夫と磯吉は囚人駕籠に入れられて運ばれます。結局、どこまでさかのぼれば正解なのかわからない光太郎たちなのでした。

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

邦画
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました