ツナグ/あらすじとネタバレと感想

ツナグ 2012年の邦画

ツナグの概要

制作:2012年 日本
監督:平川雄一朗
出演:松坂桃李、樹木希林、佐藤隆太、桐谷美玲、橋本愛 他

ツナグの見どころ

辻村深月の短編小説を平川雄一朗監督が映画化。
主演は松坂桃李。
使者(ツナグ)の役割を引き継いだ青年のファンタジーストーリーである。

ツナグのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

死者と縁あるものを一度だけ合わせることができる仲介人をツナグと言います。
高校生の歩美は小さいころに両親を亡くし、ツナグを正式に継承するためにツナグの師匠である祖母アイ子の元で修行していました。
ある日、祖母からツナグの仕事として一人の男性の案内を任せました。
ツナグの依頼者は畠田といって癌に犯されていました。その前に亡くなった母の死を告知しなかったため、家族の間にわだかまりがあります。死者に会えるのは夜のみという事、死者が拒否もできることを歩美は男性に伝え、月の出る夜に歩美が指定したホテルに居るように伝えます。
畠田は無事に母に会えました。母に自分の病気を知っていたのか尋ね、今、自分が家族とうまくいっていないことを母に相談します。母と無事に会えた畠田は歩美にお礼を言い、何かあったらと名刺を渡します。
そして次の依頼者が来ます。嵐美砂といって歩美と同じ高校に通っていました。美砂は演劇部で亡くなった御園のことで悩んでいます。自分の不注意から御園が亡くなってしまったことを悔やんでいました。御園に会い、謝るが自分の不注意は告げられずに別れます。後悔していると歩美は美砂のせいではないと教えると、二度と会えない御園に後悔の涙を流します。
その次の依頼者はアイ子が通う病院で出会った土谷功一です。
土谷は七年前に行方不明になった婚約者を探して欲しいといいます。しかし失踪した婚約者日向キラリは、実家に帰るフェリー事故で亡くなっており、名前も年もウソだったことがわかります。ツナグにより、キラリと会うきっかけができた土谷でしたが彼女を受け入れることができずに、待ち合わせ場所には来ませんでした。
歩美は土谷の元に行き、彼女と会えるのは今日しかないことを伝えます。キラリはウソを告白し、自分の親に渡して欲しいと遺品を渡します。

ネタバレと結末

その後土谷が部屋にあった缶を開けると、二人の思い出の品が出てきて、土谷はキラリは自分の事を好きだったのだと知り改めて涙します。
ツナグを正式に歩美に託すために、アイ子は歩美に父親の事を話します。ツナグを受け継ぐためには家族にも内緒にしておくこと、そして鏡を渡し、誰にも見せないことを約束させます。もし鏡を見せてしまうと継承者も見たものも亡くなってしまうからでした。歩美の父はツナグでしたが、母が鏡を見たことで亡くなっていました。そして歩美は正式にツナグになるのでした。

ツナグのみんなの感想

ネタバレなし

松坂桃李さん演じる渋谷歩美が、1度だけ呼び戻すことが出来る死者と、その関係者との触れ合いを通じて成長していくお話。
ショートストーリーの積み重ねでひとつの大きな流れに繋がっていく感動作。
もう一度会いたい、会って話したい、という、誰もが持つ願いを叶えてくれる、ある意味夢のような話。
会った事が幸せに繋がるか、というとまた別の話だけれど…。
毎日を精一杯生きよう、と思わせてくれる素敵な映画です。(40代女性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました