テルマエ・ロマエ/あらすじとネタバレと感想

テルマエ・ロマエ 2012年の邦画

テルマエ・ロマエの概要

制作:2012年 日本
監督:武内英樹
出演:阿部寛、上戸彩、北村一輝、市村正親、他

テルマエ・ロマエの見どころ

ヤマザキマリの人気漫画を武内英樹監督が映画化。
古代ローマ人の役柄のため、芸能時でも顔の濃い人たちがキャストに選ばれたことで話題になった。
キャッチコピーは「ひとっ風呂、タイムスリップしませんか。」「時空を超えた入浴スペクタクル」
主演は阿部寛。古代ローマの浴場設計技師ルシウス・モデストゥスが現代にタイムスリップし、面白おかしく古代ローマ文化に取り入れていく物語である。

テルマエ・ロマエのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

古代ローマの浴場設計技師ルシウス・モデストゥス(阿部寛)は浴場が古臭いと文句を言われていました。
ローマの公衆浴場で新しい企画をしようとするも、21世紀の日本の銭湯にタイムスリップしてしまいます。
はじめは訳も分からず奴隷の大衆浴場に来てしまったと思いますが、どうも顔の作りが違う。日本人を始めてみたルシウスは顔の平たい民族だと思います。しかし現代の大衆風呂を見てルシウスは感動します。
男女の区別が無いルシウスはそのまま女風呂に入り気絶します。そこに山越真実(上戸彩)がルシウスをスケッチしだします。真美は漫画化志望なのでした。
そのまま男風呂に帰り、風呂の富士山に感動し、フルーツ牛乳にも感動します。自分が今まで作ってきた風呂はいったいなんだったのかと思います。
そしていつの間にか古代ローマ時代に帰り、介抱されていました。ルシウスは、さっそく脱衣かご、フルーツ牛乳を作り出します。そして風呂の壁に火山を書きました。これがヒットし、ローマの大衆では大人気となりました。
またルシウスは年寄りの風呂を簡単にしたいと考えていたら、タイムスリップします。真実の編集長の家の風呂でした。大浴場ではなく小さな風呂とシャンプーハットに大感激します。ルシウスはまた古代ローマに帰って復元しました。ルシウスは皇帝ハドリアヌスお抱えの浴場設計技師となったのです。

ネタバレと結末

ジャングル温泉にタイムスリップしたりと次々と駆け上がっていくルシウス。
ルシウスはシャワートイレに感動し、泡ぶろとシャワートイレをマネします。
皇帝は喜び、妻に何か買ってやれとお金を渡されルシウスが家に帰ると、妻は不倫していました。
真美はルシウスの事を漫画に書こうと思いました。真美はルシウスに恋をしてました。真実はラテン語で愛の言葉を練習します。またもや突然やってきたルシウスを真美がルシウスを介抱していると二人で古代ローマに飛ばされてしまいました。
真美の父や年寄りたちもタイムスリップしてきます。そして古代ローマにオンドル小屋を作ってしまいました。真美は現代に帰り、漫画を描きます。しかしまたルシウスは現代にやってくるところで映画が終わります。

テルマエ・ロマエのみんなの感想

ネタバレなし

テルマエ・ロマエは阿部寛の演技がとても良かったです。元々は原作のコミックのファンだったので、そこまで期待をしていなかったのですが、映画でも十分に楽しめるような世界観を再現する事が出来ていた事に満足です。その中で阿部寛の魅力的な演技が私は印象に残っています。
ローマのお風呂の話になりますが、時代背景などもコミックのようにしっかりと解説する事も出来ていたので、原作ファンとしては非常に満足でした。(20代男性)
あまり深いことを考えずに楽しめる映画でした。テーマが古代の異国の主人公が現代の日本の温泉、風呂に触れ衝撃を受けそれを広めるなんて設定がぶっ飛んでいますがそれがまたバカらしくておもしろかったです。
また物語の節々に視聴者を笑わせる要素がちりばめられていて最初から最後まで飽きずに観ることができました。個人的には阿部寛さんの主人公を演じた演技力が一番印象に残っています。(30代男性)
主人公のローマ人が公共浴場をきっかけに現代の日本にタイムスリップしてしまい、自分とは容姿の全く違う人に出会い、そこから新たな物語が始まる浦島太郎のようなお話です。ローマ人がローマ語で話してはいないが、そんな細かいディティールは抜きにしてもCGやローマ時代の描写などは素晴らしくなかなか見応えがあります。
コメディ要素ありで「入浴が」一つのテーマとなって進行していきますが、何故日本ではお風呂が定着したのに、イタリアでは定着しなかったのだろうか考えさせられた作品です。(30代男性)
世紀のSF超大作との宣伝文句とモーゼの出エジプトのシーンが描かれたポスターにどんな映画だろうと期待しながら見たら、何とローマ帝国時代と現代の日本を行ったり来たりするありえないストーリー展開。しかも、お風呂が物語の重要なシーンとして登場するのが笑えます。コメディ映画だったのかと理解した後は気楽な気持ちで見ましたが、阿部寛がローマ人役はなかなかのもの。また外国での撮影と多数の現地エキストラの登場など、結構本気でお金をかけている映画なんだと感心しました。(50代男性)
正直、全然面白くなく、最初から最後まで本当に退屈でした。原作を読んだことがありましたが、漫画では出オチのような描き方でも一つ一つの短編として読むことができるので全然気にならないのですが、映画ではあまりに繋がりがなさすぎて集中できませんでした。
脚本がよくないのか、演出がよくないのか、ぶつ切りの作品なのになぜこんなに評判が良いのかわかりません。
ただし、阿部寛さんの演技とギャグは結構面白かったです。(20代女性)
現代と古代が一緒になった話でした。とにかく出演者の顔ぶれが濃い。衣装が似合う。という映画でした。古代人の役の筆頭が主役の阿部寛さんで、まわりを固める役者さん達も北村一輝さんや竹内力さんなどの名だたる濃い顔貌の俳優さん達がずらり出演されていました。マドンナ的役の上戸彩さんの配役もかなりギャップがありましたが、内容的には面白い映画に仕上がっていました。最初、日本人で古代ローマ人ということなのでどうかと思っていましたが、ピッタリでした。映画の内容も面白いですが、役者さん達の顔ぶれだけを見るだけでも面白い映画でした。(50代男性)
笑いあり、涙あり、恋愛要素ありと、ファミリーでも恋人同士でも楽しめるような、老若男女にオススメできる映画だと思います。阿部寛さんの肉体美は必見ですし、コミカルとシリアスの使い分けはさすがとしか言いようがありません。
お約束的な笑いがあり、そろそろ来るぞというワクワク感があります。特に印象に残っているシーンはコミカルな部分です。でも、泣かせるところはきちんと泣かせてくれます。丁寧に作られた映画だと思いました。(40代女性)
見ている間中飽きる事なく、愉快で笑わせてくれる、これぞエンターテイメント、と言う映画です。阿部寛さんの古代ローマ人が嵌り過ぎていて怖いくらいです。彼を見ているだけでずっと笑えます。日本人につけられたネーミングがまた、素晴らしいの一言です。
確かに古代ローマ人からみれば、日本人は平たい顔そのもので苦笑いでした。古代ローマ人が実際現代の日本に来たらこうなるんでしょうね。まさしくその姿がこの映画で見られました。
タイムマシンで同じ国の未来や過去に行く、と言う話は時々ありますが、国が変わって時代も変わって行き来するって発想が実にユニークで楽しめました。その話を実写にしてこれだけ面白く出来た、と言う映画もあまり例がないと思います。是非多くの人に見てもらいたい映画です。(50代女性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました