藁の楯 わらのたて/あらすじとネタバレと感想

藁の楯 2013年の邦画

藁の楯 わらのたての概要

制作:2013年 日本
監督:三池崇史
出演:大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、余貴美子、藤原竜也、山崎努、他

藁の楯 わらのたての見どころ

ビーバップハイスクールで有名になった、きうちかずひろが木内一裕名義で小説家としてデビュー。第一作となった藁の楯はたちまち話題に上り、藤原竜也が主演し映画化された。
内容も殺人犯を殺してくれという財閥が、殺したものに10億円やるといったもので、警察であろうが誰も信じられないまま犯人は輸送されていく。
輸送中も次々と襲ってくる殺人犯は無事に刑務所にたどり着くまでが本作である。

藁の楯 わらのたてのあらすじネタバレと結末

あらすじ

清丸国秀(藤原竜也)は、刑務所から出てきたばかりの男。しかし再度少女を殺してしまう。
うっかり殺してしまった少女は、経団連の会長を務めた大物人物蜷川。
蜷川は新聞に「この男を殺して下さい。名前・清丸国秀。お礼として10億円お支払いします。」という全面広告を出す。総資産1000億ともいわれている蜷川が出した広告で、日本中が血眼になって清丸を探しますが、清丸は逃走中。
広告をすり替えるには、新聞社の協力が必要であり、かかわった65名全員が辞表を出していることからもこの話は本当だということを知らしめるのには十分すぎるくらいのものであった。
さらに「一、清丸国秀に対する殺人罪、もしくは傷害致死で有罪判決を受けた者。複数可。
二、国家の許可を持って清丸国秀を殺害した者」という動画と共に10億円を見せつけて国民をあおる。
まず清丸をかくまっていた友人が、清丸を殺しにかかります。
逃げた清丸は警察に助けを求めますが、現場は福岡。福岡から48時間以内に東京に連れて行かなくてはいけません。
しかし蜷川も負けていません。なぜなら襲った友人に殺人未遂として一億円を払うと宣言したからです。
警察も犯罪者にSP5名をつけ、藁の楯として殺人者清丸を守る盾を出します。
やってきた看護師は清丸を殺そうとし、飛行機の整備士は飛行機自体を加工します。
よって高速道路を使うが、ニトログリセリンを乗せたトレーラーが体当たりしてこようとしてしまい、新幹線で運ぶことにしました。
しかし新幹線に乗っているヤクザに狙われてSPも殺されてしまう。
新幹線を降りて、誰もいない道を歩くが、そこへやってきた車は清丸が昔殺した少女の親だった。
「自分が一番清丸を殺すにふさわしい」といい殺そうとするが、SPが守る。

ネタバレと結末

しかしどこへ行こうが居場所がばれる。実はSP自体が居場所を発信していたのだった。
最後に残ったSPの事も金で買収しようとする蜷川でしたが、うまくいかずタクシーでたどり着きます。
蜷川は待ち構えていたものの、無事にたどり着きました。
死刑を警告された清丸は、「後悔…反省しています。どうせ死刑になるのならば、もっとやっとけばよかったなって」といって、命がけで守ってきたSPは任務と心情の間でうなだれるのでした。

藁の楯 わらのたてのみんなの感想

ネタバレなし

藤原竜也が好きなので映画館で観ました。ほんとに終始イライラしました。いい意味で。
海外ドラマが好きなので設定が日本っぽくなくて個人的には好きです。日本じゃありえないでしょって思いながも藤原竜也の演技の印象が強くて受け入れられちゃう不思議w
お金目当てで襲撃されたり、仲間に裏切られたりほんとに海外ドラマを見ているようでした。ただただ藤原竜也演じる犯人役はクズとしか言いようがないw
ところどころ謎なところはあるけれど結局藤原竜也の演技力の印象が一番残っている映画ですね。(20代女性)
この原作者、実はビーバップハイスクール書いてた人なんですよね。読んでから見ました。藁の楯ってのは、殺したい人を自分で殺したいからここまで連れてこい(金はあるぜ!)という話なんですが、連れて行くまでに誰が裏切るかわからない展開です(笑)まさに藁の楯・まさに騙し合い。藤原竜也の演技力が無ければ、この映画は成功しなかったでしょう。とも思えるいい作品です。(30代女性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました