ふしぎな岬の物語/あらすじとネタバレと感想

ふしぎな岬の物語 2014年の邦画

ふしぎな岬の物語の概要

制作:2014年 日本
監督:成島出
出演:吉永小百合、阿部寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶、他

ふしぎな岬の物語の見どころ

森沢明夫の小説を成島出監督が映画化。
吉永小百合主演、企画者としても参加している。
虹の絵が飾ってある「岬カフェ」に来る人々と女店主との交流を描いた物語である。

ふしぎな岬の物語のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

房総の小さな岬で喫茶店をしている悦子。
夫を亡くして一人で切り盛りしていました。喫茶店の横には甥の浩二がなんでも屋の掘っ立て小屋を作り営業しています。
岬の人たちは悦子の淹れるコーヒーを飲みにやってきます。
いつも来る常連の竜崎がなんだか顔色が悪いので病院に行くように進めていました。
ある日、父と娘という組み合わせのお客さんが来ます。店に飾ってある虹の絵を見て娘の方が「虹をのぼって行けばママに会えるのかな」と言いました。虹の絵は悦子の夫が書いたものです。
悦子は子供にハグをして大丈夫だとおまじないを教えました。するとその子は父親に向かっておまじないをかけます。娘は父親が心配なのでした。
ある日常連の独身男が結婚します。悦子と浩二が出席し、浩二が調子に乗って結婚式を台無しにしてしまいます。そんな浩二を悦子の事を好きなタニがなだめるのでした。
タニは悦子の事を好きで好きでいつプロポーズしようかと思っています。しかし浩二に先に悦子の事を好きだと言われてしまいました。タニは悩んだ末に浩二の応援をすることにしました。
またある日の事、竜崎の娘のみどりが岬に帰ってきました。結婚を反対され東京に行きましたが、敗れて帰ってきました。しかし離婚した夫がみどりを追って岬に来ます。浩二が元夫を追いだし、みどりは浩二がずっと好きだったと告白します。みどりの告白に戸惑う浩二。今度はみどりの父竜崎が倒れてしまい、余命行く場もない感じです。そしてそのまま亡くなってしまいます。

ネタバレと結末

浩二はみどりを支えていこうと決心します。
タニさんは大阪に転勤になってしまいました。悦子はまた一人ぼっちになってしまった気分でした。
そして悦子は不注意から喫茶店を火事にしてしまい全焼してしまいます。
夫の書いた絵もなくなってしまったのでした。本当に何もなくなってしまった悦子。
しかし街の人たちが喫茶店を再建することを手伝ってくれています。そして喫茶店はまたできあがり、お店をオープンできることになりました。悦子はまた街の人においしいコーヒーを淹れることができます。
そして、浩二とみどりにも子供ができたという嬉しい知らせが飛び込みます。悦子はまた自分の事のように喜んで毎日を喫茶店で幸せに生きていくのでした。

ふしぎな岬の物語のみんなの感想

ネタバレなし

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました