おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

キネマの神様はいつまでの上映?上映期間を予想

邦画

画像はYahoo!映画より引用

このページでは、「キネマの神様」がいつまで上映しているのか、上映期間について紹介していきます。

「キネマの神様」は2021年8月6日公開の作品。

映画館によっては、公開日が異なることがありますので、お近くの映画間の公開情報を確認してください。

キネマの神様は、松竹映画100周年を記念した作品で、数々の文学賞を受賞してきた人気小説家・原田マハによる「キネマの神様」を原作として作られた作品です。

スポンサーリンク

「キネマの神様」はいつまで上映?上映期間は?

「キネマの神様」の上映期間は、9月上旬~中旬までと予想します。

上映期間はあらかじめ決まっているものではなく、各映画館によって異なってきます。

  • 人気
  • 話題性
  • 興行収入

これらの要素を含めて、映画館が設定

一般的な上映期間は1~3ヶ月程度ですが、関連作品や配給会社のほか作品を参考にすることで、ざっくりと予想ができます。

今回は、「キネマの神様」と同じ松竹の映画2作品

  • さんかく窓の外側は夜
  • さくら

を参考にしました。

上映開始上映終了上映期間
さんかく窓の外側は夜2021年1月22日2月末~3月上旬約1ヶ月
さくら2020年11月13日12月上旬約1ヶ月

2作品ともおよそ1ヶ月の上映期間ですので、そこから「キネマの神様」の上映期間を予想すると、9月上旬~中旬が1つの目安となります。

スポンサーリンク

「キネマの神様」を映画館で割引で観る

上映期間の予想は上記の通りですが、あくまで目安に過ぎませんので、なるべく早く観るに越したことはありません。

少しでも安く「キネマの神様」を観たいと考えている方は、U-NEXTの無料トライアルを利用し、チケットを購入することをオススメします。

U-NEXTなら900円で映画が見られる

U-NEXTの無料トライアルに登録すると、映画チケットや動画視聴に利用できるポイントを600Pもらえます。

そのポイントを利用してチケットを購入することで、わずか900円で映画が観にいけるということ。

U-NEXTの登録手順

U-NEXTの登録は以下の手順で簡単に済みます。

  1. 公式サイトにアクセス
  2. 無料トライアルをクリック
  3. お客様情報・お支払い情報を入力
  4. 確認のメールが届いたら登録完了

このように簡単に登録できます。

登録が完了したら、

  1. メニューからクーポン・ギフトコードを選択
  2. 映画チケット割引を選択
  3. 劇場を選択をクリック
  4. 劇場を選択し映画チケット割引を利用を選択
  5. ポイントを利用して購入

この5ステップで900円で映画が観られます。

詳しくは公式サイトも併せて確認ください。

「キネマの神様」と同時期公開の作品

「キネマの神様」の作品情報

映画『キネマの神様』【主題歌予告】大ヒット上映中!
制作2021年
上映時間125分
監督・脚本山田洋次
原作原田マハ
脚本朝原雄三
プロデューサー房俊介
阿部雅人

主題歌

「キネマの神様」の主題歌は、RADWIMPS feat.菅田将暉で「うたかた歌」です。

RADWIMPS feat. 菅田将暉 – うたかた歌 [Official Music Video]

キャスト・出演者

  • (円山郷直/ゴウ):沢田研二
  • (若き日のゴウ):菅田将暉
  • (若き日の淑子):永野芽郁
  • (若き日のテラシン):野田洋次郎
  • (桂園子):北川景子
  • (円山歩):寺島しのぶ
  • (寺林新太郎/テラシン):小林稔侍
  • (円山淑子):宮本信子
  • (出水宏監督):リリー・フランキー
  • (円山勇太):前田旺志郎
  • (水川):志尊淳
  • (キャメラマン・森田):松尾貴史
  • (淑子の母):広岡由里子
  • (借金取立人):北山雅康
  • (家族の会主催者):原田泰造
  • (常連の女性客):片桐はいり

あらすじ

無類のギャンブル好きなゴウ(沢田研二)は妻の淑子よしこ(宮本信子)と娘の歩(寺島しのぶ)にも見放されたダメ親父。

そんな彼にも、たった一つだけ愛してやまないものがあった。

それは「映画」−−− 。

行きつけの名画座の館主・テラシン(小林稔侍)とゴウは、かつて映画の撮影所で働く仲間だった。

若き日のゴウ(菅田将暉)は助監督として、映写技師のテラシン(野田洋次郎)をはじめ、
時代を代表する名監督やスター女優の園子(北川景子)、また撮影所近くの食堂の看板娘・淑子(永野芽郁)に囲まれながら夢を追い求め、青春を駆け抜けていた。

そして、ゴウとテラシンは淑子にそれぞれ想いを寄せていた。

しかしゴウは初監督作品の撮影初日に転落事故で大怪我をし、その作品は幻となってしまう。

ゴウは撮影所を辞めて田舎に帰り、淑子は周囲の反対を押し切ってゴウを追いかけて行った・・・。

あれから約50年。歩の息子の勇太(前田旺志郎)が、古びた映画の脚本を手に取る。

その作品のタイトルは、『キネマの神様』。それはゴウが初監督の時、撮影を放棄した作品だった。

勇太はその脚本の面白さに感動し、現代版に書き直して脚本賞に応募しようとゴウに提案する。

最初は半信半疑で始めたゴウであったが、再び自身の作品に向き合う中で、忘れかけていた夢や青春を取り戻してゆく−− 。

これは、“映画の神様”を信じ続けた男の人生とともに紡がれる愛と友情、そして家族の物語。

引用元・「キネマの神様」公式サイト

評価・口コミ・感想

「キネマの神様」の評価は以下の通り。

  • Yahoo!映画3.7
  • Filmarks3.7
  • 映画.com3.4

Twitterでの口コミ・感想は以下の通り。

まとめ

「キネマの神様」上映期間は、目安になりますが、9月上旬~中旬までの期間となりそうです。

お近くの映画館の情報を確認し、なるべく早く観に行きましょう。

「キネマの神様」の関連記事はこちら

キネマの神様/無料視聴できる動画配信サービスまとめ

「キネマの神様」のDVD発売開始日は?レンタル・動画配信情報も

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

邦画
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました