おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

キネマの神様/無料視聴できる動画配信サービスまとめ

邦画

画像は公式サイトより引用

キネマの神様を無料で見る方法が知りたい!

この記事では、「キネマの神様」を無料で視聴する方法をまとめています。

「キネマの神様」は、2021年8月6日上映開始作品です。

そんな「キネマの神様」を無料視聴するために、どの動画配信サービスを利用すればいいのか、最適な動画配信サービスを紹介させていただきます。

その他「キネマの神様」に関する様々な情報や、関連作品に関する情報も併せて紹介していきます。

スポンサーリンク

キネマの神様を無料視聴する方法は?

無料で視聴するには、各動画配信サービスの無料トライアルを利用することで、お金をかけずに視聴することができます。

しかしながら上映中の作品は、動画配信サービスで配信されませんので、配信が開始されるまで待つ必要があります。

配信が始まるのはレンタルや発売に合わせて

基本的に動画配信サービスにて配信が始まるのは、レンタル開始やDVD・Blu-ray発売に合わせて配信がスタートする場合が多いです。

例えば、「約束のネバーランド」や「ブレイブ-群青戦記-」などはレンタル開始やDVD・Blu-ray発売と同時に、配信もスタートしています。

 もちろん例外もあり、DVD・Blu-ray発売→レンタル・配信開始の順になることもあります。
「鬼滅の刃 無限列車編」はこのパターン。

映画公開から配信開始まではおよそ5ヶ月経ってから

映画が公開されてから動画配信サービスにて配信開始するまでは、およそ5ヶ月以上かかります。

  • 約束のネバーランド/2020年12月18日公開→2021年5月19日配信
  • 新解釈・三國志/2020年12月11日公開→2021年4月21日配信
  • 花束みたいな恋をした/2021年1月29日公開→2021年7月14日配信

大ヒット作品などは、公開期間が長引きますのでこの限りではありませんが、基本的には5ヶ月をめどに配信開始されると考えて良さそうですね。

もらえるポイントを利用して無料で見る

配信が開始されてしばらくは、見放題ではなくレンタルでの視聴となります。

レンタルするにはお金がかかってしまいますが、無料トライアルでもらえるポイントを利用することで無料で視聴できます。

動画配信サービス無料トライアル期間ポイント特典
U-NEXT31日間600ポイント
TSUTAYA TV/DISCAS30日間1100ポイント
music.jp30日間1600ポイント

上記3つの動画配信サービスは、無料トライアルへの登録でポイントももらうことができますので、無料で視聴したい人はこの3つの動画配信サービスを利用しましょう。

上記3サイトの特徴を簡単にまとめておきます。

1・U-NEXT

  • 31日間の無料トライアル
  • 無料トライアル登録で600ポイント
  • 見放題作品数№1

圧倒的な作品数が売りの「U-NEXT」。

ポイントで映画チケットの割引も可能です。

映画以外のジャンルにも強く、とにかくサービスが豊富。

雑誌読み放題のサービスがあり、電子書籍やライブ配信にも強いです。

U-NEXT公式ページ

2・TSUTAYA TV/DISCAS

  • 30日間の無料トライアル
  • 無料トライアル登録で1100ポイント
  • 動画視聴以外にDVDのレンタルも可能

TSUTAYA TV/DISCASは、動画視聴のほかにDVDの宅配レンタルも可能です。

無料トライアル期間内は旧作のみ対応となりますが、無料期間終了後はなんと新作DVDが8本までレンタルすることが可能です。

また、無料トライアルでは1100ポイントもらえるので、新作の映画が2本楽しむことができます。

TSUTAYA TV/DISCAS公式ページ

3・music.jp

  • 30日間の無料トライアル
  • 無料トライアル登録で1600ポイント
  • 映画以外にも本や音楽など835万点以上楽しめる

music.jpは見放題がなく、映画はすべてレンタルという形になりますが、その分ポイントを多くもらえ新作が4本ほど視聴できます。

映画のほか本や音楽といったジャンルも豊富に扱っています。

music.jp公式ページ

上記3サイトをまとめると、

・映画やドラマ、雑誌などのたくさんの作品に触れたい
→U-NEXT

・動画だけでなくDVDでも楽しみたい
→TSUTAYA TV

・新作を多く楽しみたい
→music.jp

このようになります。

スポンサーリンク

キネマの神様の概要

制作2021年
上映時間125分
監督・脚本山田洋次
原作原田マハ
脚本朝原雄三
プロデューサー房俊介
阿部雅人
映画『キネマの神様』【主題歌予告】大ヒット上映中!

キネマの神様のキャスト・出演者情報

  • (円山郷直/ゴウ):沢田研二
  • (若き日のゴウ):菅田将暉
  • (若き日の淑子):永野芽郁
  • (若き日のテラシン):野田洋次郎
  • (桂園子):北川景子
  • (円山歩):寺島しのぶ
  • (寺林新太郎/テラシン):小林稔侍
  • (円山淑子):宮本信子
  • (出水宏監督):リリー・フランキー
  • (円山勇太):前田旺志郎
  • (水川):志尊淳
  • (キャメラマン・森田):松尾貴史
  • (淑子の母):広岡由里子
  • (借金取立人):北山雅康
  • (家族の会主催者):原田泰造
  • (常連の女性客):片桐はいり

キネマの神様の見どころ

松竹映画100周年を記念した作品で、数々の文学賞を受賞してきた人気小説家・原田マハによる「キネマの神様」を原作として作られている。

もともと主演を演じるのは志村けんさんだったが、新型コロナの影響で亡くなってしまったため、志村けんさんの遺志を継いだ沢田研二さんが代役としてゴウを演じている。

沢田研二さんを含む、豪華俳優陣の演技に注目。

キネマの神様のあらすじ

無類のギャンブル好きなゴウ(沢田研二)は妻の淑子よしこ(宮本信子)と娘の歩(寺島しのぶ)にも見放されたダメ親父。

そんな彼にも、たった一つだけ愛してやまないものがあった。

それは「映画」−−−

行きつけの名画座の館主・テラシン(小林稔侍)とゴウは、かつて映画の撮影所で働く仲間だった。

若き日のゴウ(菅田将暉)は助監督として、映写技師のテラシン(野田洋次郎)をはじめ、
時代を代表する名監督やスター女優の園子(北川景子)、また撮影所近くの食堂の看板娘・淑子(永野芽郁)に囲まれながら夢を追い求め、青春を駆け抜けていた。

そして、ゴウとテラシンは淑子にそれぞれ想いを寄せていた。

しかしゴウは初監督作品の撮影初日に転落事故で大怪我をし、その作品は幻となってしまう。

ゴウは撮影所を辞めて田舎に帰り、淑子は周囲の反対を押し切ってゴウを追いかけて行った・・・。

あれから約50年。歩の息子の勇太(前田旺志郎)が、古びた映画の脚本を手に取る。

その作品のタイトルは、『キネマの神様』。それはゴウが初監督の時、撮影を放棄した作品だった。

勇太はその脚本の面白さに感動し、現代版に書き直して脚本賞に応募しようとゴウに提案する。

最初は半信半疑で始めたゴウであったが、再び自身の作品に向き合う中で、忘れかけていた夢や青春を取り戻してゆく−− 。

これは、“映画の神様”を信じ続けた男の人生とともに紡がれる愛と友情、そして家族の物語。

まとめ

2021年8月5日現在で、「キネマの神様」を配信している動画配信サービスはありません。

少しでも早く無料視聴したい方は、

動画配信サービス料金無料トライアル期間ポイント特典
U-NEXT2,189円31日間600ポイント
TSUTAYA TV/DISCAS2,659円30日間1100ポイント
music.jp1,958円30日間1600ポイント

この表を参考に、無料トライアルでもらえるポイントを利用して、配信後すぐに無料視聴しましょう。

「キネマの神様」の関連記事はこちら

キネマの神様はいつまでの上映?上映期間を予想

「キネマの神様」のDVD発売開始日は?レンタル・動画配信情報も

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

邦画
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました