カノジョは嘘を愛しすぎてる/あらすじとネタバレと感想

カノジョは嘘を愛しすぎてる 2013年の邦画

カノジョは嘘を愛しすぎてるの概要

制作:2013年 日本
監督:小泉徳宏
出演:佐藤健、大原櫻子、三浦翔平、窪田正孝、水田航生、浅香航大、谷村美月、相武紗季、反町隆史、吉沢亮、他

カノジョは嘘を愛しすぎてるの見どころ

カノジョは嘘を愛しすぎてるは、青木琴美の人気漫画であり映画は小泉徳宏監督が映画化。
のちにテレビドラマ、韓国ドラマにもなっている。
主演は佐藤健。
女子高生が知らない間に人気バンドのメンバーと付き合うことになる物語である。

カノジョはウソを愛しすぎてるのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

女子高生、小枝りこは歌う事が好きでした。
一方でCRUDEPLAY(クリプレ)は高校時代にプロデューサー高木にスカウトされデビューしたバンドです。それ以来クリプレは大ヒットの嵐で大人気でした。
しかしクリプレの小笠原秋は出来上がったCDに納得がいっていませんでした。そんな時、ひょんなことから二人は出会い、付き合いだします。秋がなんとなくりこにひとめぼれを信じるかといった事がきっかけでした。秋は自分の正体を言わずに偽名を使い付き合いだします。その時に別に秋はりこのことを好きでもなんでもありませんでした。
りこはりこでバンドを組んでいて、川沿いで一人練習します。その声を聴いた高樹総一郎が音楽関係の会社をしていて、りこをスカウトします。
りこはプロになれると思い、OKしました。が、秋にはなんとなく言えずにいました。
秋はりこが歌を歌えるなんてまだ知らなかったのです。
ある日、りこたちが収録現場を見ているとクリプレの演奏があり、そこで秋がクリプレだとばれてしまいます。そこで秋がやっとりこに正体をばらすのでした。
りこたちはデビュー目前まで来ていました。そこで秋がりこの歌声を聞き、衝撃を受けてしまいます。
そのころには秋もりこのことが好きでした。
同時に、秋とりこのことが世間にばれてしまいます。デビュー前のりこのスキャンダルは致命的。そして秋とマリの熱愛を出すことにし、秋にはりこと別れるように言われます。そして秋はりこを振って秋は海外に行きます。

ネタバレと結末

りこはデビューライブで素晴らしい結果が残せました。
ファンもですが、りこも後悔しない歌い方ができて大満足でした。
秋はばれないように、誰もいないライブ会場に足を運びます。りこは秋が勝手に海外に行ってしまわないように、秋のベースを隠していたのでした。りこはライブが終っても秋が来ると思って待っていました。
そして秋が誰もいないライブ会場に行き、りこが秋に尋ねます。それは秋がりこのために作った曲が本音かどうかということでした。二人でその曲を歌います。
そしてりこは日本で頑張り、秋は海外に行ってもうひとつ頑張るというそれぞれの道を頑張る決意をして、二人は別れて頑張ることにします。

カノジョは嘘を愛しすぎてるのみんなの感想

ネタバレなし

とにかく主演の大原さんの存在感が光った映画だなという印象を受けました。同じ新人でも雰囲気に毒々しさがないというか、感じられないところが主役にぴったりだったと思います。
河原(土手?)でのシーンが、フィクションと分かっていてもすごく可愛らしくて、思わず見入ってしまいました。また大原さんだけでなく、佐藤健さんがあまりはっきりと物を云わない感じの主役の男性をうまく演じていて、すごくはまり役だったと思います。
音楽が映画のテーマの1つということで音としての”動”が素地になっている分、人が生み出す間合いの”静”が映画の仕上がりを左右し得たと思いますが、主役の2人を中心に上手に作られていて完成度の高さを感じました。(30代女性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました