おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

バケモン/作品情報・あらすじ・感想

2021年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料トライアルを試してみる

スポンサーリンク

バケモンの概要

制作2021年 日本
上映時間120分
撮影・編集・構成・演出山根真吾
ナレーション香川照之
企画・プロデューサー千佐隆智
プロデューサー井上啓子
笑福亭鶴瓶ドキュメンタリー映画「バケモン」予告編
スポンサーリンク

バケモンの出演

  • 笑福亭鶴瓶

バケモンの見どころ

日本テレビ関連企業に入社後「愛は地球を救う24時間テレビ」などの大型番組を手がけ、フリーランスとして独立後も、様々な作品を生み出している山根真吾監督が撮影したこの作品。

落語家・笑福亭鶴瓶の17年間を記録したドキュメンタリー番組となっています。

バケモンのあらすじ

あらすじ

この作品の制作のきっかけは2004年、笑福亭鶴瓶の落語「らくだ」の初演を無許可で撮影した山根真吾監督が、「とてつもない」と衝撃を受け「『らくだ』を追いかけたい」と正式に申し込んだことが始まり。

そこから「らくだ」や「鶴瓶噺」のステージ、楽屋や打ち上げの席などゴールを決めずに撮影をし続けた。

そして2020年のコロナ禍、鶴瓶は 1時間をこえる上方落語の最高傑作「らくだ」をひっさげ 全国ツアーを開始。

前回「らくだ」を披露したのは13年前の2007年、13年ぶりの「らくだ」は2007年のそれとは別モノに化けていた。

なぜ「らくだ」は変わったのか、そこには鶴瓶という芸人の生き様などさまざまなモノが入り乱れた結果だった。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料トライアルを試してみる

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

2021年の邦画
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました