清須会議/あらすじとネタバレと感想

清須会議 2013年の邦画

清須会議の概要

制作:2013年 日本
監督:三谷幸喜
出演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、でんでん、松山ケンイチ、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、他

清須会議の見どころ

三谷幸喜の小説・脚本・監督作品。最終興収は29.6億円。
1582年清洲会議(清須会議)を元に歴史的には大きな意味を持つ会議を現代風にアレンジした作品である。
主演は役所広司。

清須会議のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

1582年本能寺の変で織田信長が明智光秀が倒されます。
織田信長の死により織田家の後継者や領地配分の会議が開かれました。
ざっくりいうと勢力は二人。
信長の三男である信孝を推す宿老筆頭の柴田勝家。
信長の次男である信雄を推す羽柴秀吉との二分でした。
長男は信長と一緒に亡くなってしまったため、次男と三男での争いとなります。
次男はあまり人間的に評判がよくなく、三男は身分の低い女から生まれたということで家柄的にはNGです。
その一方で勝家と秀吉が好んでいる、信長の妹お市様が居ました。
お市様は夫と息子を殺してしまった秀吉の事が嫌いでした。勝家の事も嫌いでしたが、憎さの方が勝ち、勝家に肩入れします。
秀吉は妻のおかげで、信長の弟の三十郎信包も味方につけています。
そして「清須会議」が始まります。
会議には宿老の勝家、秀吉、勝家の参謀・丹波長秀、池田恒興の四人が参加します。
書記は前田玄以で、滝川左近は欠席します。
秀吉はまず武田信玄の五女の松姫と信長の長男の信忠との息子である三法師を推しました。
信長は信忠に家督を継いでいて、まだ子供ですが後継ぎとしてはOKなのではないかというものでした。
そして織田家の跡継ぎは三法師に決まり、後継人は信孝に決まりました。
あっさりと秀吉の案が通り、怒ったお市様は勝家に秀吉暗殺するように言い伝えます。
忍びに命じるも、秀吉の知るところとなり逆に秀吉が勝家に行くことで暗殺を回避します。
一夜明けて、皆が国に帰る時秀吉にお市様は勝家と祝言を上げるといいました。

ネタバレと結末

秀吉はあっさりとフラれてしまいます。
お市様は、勝家も嫌いだけど、秀吉はもっと嫌いだから、秀吉が最も嫌う所に嫁に行くというのでした。
秀吉は「そこまで憎まれれば本望」と言いながらも、腹が立ちます。
何も知らない勝家は大喜びでした。そして秀吉は寧と一緒に勝家にこれまでの無礼な振る舞いを許してほしいといい安心させます。そして秀吉はいつか復讐することを心に決めていたのでした。ですが勝家は大儀であるといって喜んでいました。秀吉は勝家を見送りながら、一年以内に勝家を滅ぼして、織田家を乗っ取ってやる!と天下統一を目指して燃え上がるのでした。
(実際の歴史でも賤ヶ岳の戦いが起り、勝家とお市様は死んでしまうのでした)

清須会議のみんなの感想

ネタバレなし

歴史的事実の清洲会議を三谷幸喜が原作、監督し、役所広司らをはじめとした豪華俳優陣によるコメディタッチな時代劇映画です。
次から次へと同じ作中では絶対見れないような有名俳優たちが立て続けに出てくる点は圧巻です。ただ、それだけの印象しかないのも事実で、どこが面白かったかと聞かれても、うーんと唸ってしまう人も多いかもしれないです。
とにかくキャストに連なる俳優たちの名前をみて見るか否かを決めても良いと思います。(30代男性)
三谷幸喜監督作品が好きだし、原作小説も読んでいたので、観に行きました。楽しめたけど、大まかな歴史の知識がないと、笑えないかもという場面も。実際同行した友人は、歴史に疎くていまいち入り込めなかったと言っていました。キャストは皆、はまっていたと思います。特に、寺島進さんが演じた黒田官兵衛は渋くて……。
そして、お市の方を演じた鈴木京香さんの迫力が……怨念を感じ、唸りました。(30代女性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました