ストロベリーナイト/あらすじとネタバレと感想

ストロベリーナイト 2013年の邦画

ストロベリーナイトの概要

制作:2013年 日本
監督:佐藤祐市
出演:竹内結子、西島秀俊、大沢たかお、小出恵介、宇梶剛士、丸山隆平、津川雅彦、渡辺いっけい、遠藤憲一、高嶋政宏、生瀬勝久、武田鉄矢、染谷将太、金子賢、三浦友和、他

ストロベリーナイトの見どころ

誉田哲也の刑事小説、姫川玲子シリーズからの「ストロベリーナイト」。
好調だったテレビドラマの劇場版である。
姫川玲子シリーズのインビジブルレインを、ドラマ版と同じ作名として上演。
姫川の持つ闇を雨として表現するため、全編に渡り雨天の中で物語が進ませて晴天の日には撮影を中止したほどの徹底ぶりだ。

ストロベリーナイトのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

警部補である姫川(竹内結子)は警視庁捜査一課の主任。
ある日の雨の夜、暴力団・龍崎組の小林充の刺殺体が発見された。遺体を調べると二つの暴力団が浮かび上がります。姫川は会議の後「柳井健斗が犯人だ」という電話を受けます。ですが上層部によって捜査を禁止されてしまいます。一人で柳井健斗を調べてみると9年前の殺人事件の関係者だという事が解ります。9年前の事件の被害者の弟が柳井健斗だったのです。当時は性的虐待をしていた父に容疑がかかりましたが、父は署内で自殺していたので真相はわかりません。次に姉の彼氏だった小林を疑いましたが真相は闇の中です。柳井健斗が姉の復讐で殺したとなると話は変わってきます。そのため、上層部は捜査を中止したのかも知れません。
そして姫川は柳井健斗に接触します。すると龍崎組の若頭補佐・牧田に出会いました。不動産屋と偽る牧田でしたが柳井を探す姫川と連絡を取り合うようになります。そんな中新たな殺人が起こり、この連続殺人事件は4人目の犠牲者が出ました。牧田は姫川が刑事だと知りながらも姫川に惹かれていたのでこまめに連絡し、姫川は柳井健斗のアジトを突き止めます。そして牧田が暴力団だと知りました。

ネタバレと結末

牧田は姫川の心の闇に惹かれていることを告白し、二人は体を重ねます。姫川の単独行動は上層部にも知られることとなり事件の捜査から外されてしまいます。柳井健斗のアジトに行くと柳井健斗は首つり自殺していたのです。
柳井健斗は自分が犯人だと遺書を残していましたが、姫川は納得できません。
牧田は冒頭で出ていた小林殺しは認めましたが、殺したのはそれだけだといいます。その時牧田の部下である川上が姫川を襲います。実は小林以外の殺人は全て川上の仕業だったのです。牧田を慕う川上は、牧田が上に上がるために不必要な人間を殺していたのです。そして柳井健斗にすべての罪をかぶせようとしていました。川上が姫川を襲った時に牧田がかばった時に刺されたケガがもとで牧田は死んでしまいます。
上層部は隠し通そうとしますが、マスコミ会見の時に捜査第一課長の和田が9年前の事件との関連性を話し、大ごとに。そしてチームは解散し異動のあいさつをしてそれぞれの場所に行くのでした。

ストロベリーナイトのみんなの感想

ネタバレなし

同タイトルのドラマシリーズのスピンオフ作品です。竹内結子主演の刑事が西島俊之演じる相棒と連続殺人犯を追い詰めていく刑事ものの映画で何より、原作の「インビジブルレイン」のタイトルにもあるように、最初から最後まで雨を通じた映像や、雨にまつわる描写が随所にあってそれだけで独特の世界観を感じます。複雑に張り巡らされたプロットや、その中でもがく主人公たちをうまく雨と言うテーマでまとめてあり、非常に良作だと思います。(30代男性)
西島秀俊さんのファンなのでストロベリーナイトを観ました。単なる刑事ドラマなのかなと思って軽い気持ちで視聴したのですが、思ったよりもグロい系(死体がぐちゃぐちゃだったり)だったのでだいぶ怖かったです。
でも竹内結子さんの演じる玲子はとても凛々しく素敵でしたし、西島秀俊さんの演じる菊田も、無口に玲子に思いを寄せる姿は近年きっての当たり役ではないかなと思わせるくらい格好よかったです。(20代女性)
終盤の急展開ぶりが自分の予想とはまったく異なるもので、かなりの衝撃を覚えました。
見終わったあとも余韻がずっと残り、そののちに細かい所まで理解するためもう一度見たい、という衝動に駆られました。
牧田の描かれ方、撮り方が映像として美しすぎて、大沢たかおさんのファンではないのですが、脱帽ものでした。
西島秀俊演じる菊田も繊細に演じられていて良かったです。
グロテスクなものは苦手なため、テレビドラマの何篇かよりもどぎつい感じがせず、個人的には見やすかったです。
ストーリーが進んでいくにつれて決して面白いとは軽々しく言えない重いテーマでしたが、それぞれの登場人物の表情を何度もみたくなる、いい映画だと思います。(30代女性)

ネタバレあり

姫川警部補を演じる竹内結子さん、女性デカとしてはアンフェアの篠原涼子さんと双璧です。無駄に美人なのでなく、竹内さんの黒コート姿は身震いするほど美しいです。
ヤクザの大西たかおさんと姫川の際どい関係を見守る、西島秀俊さん(菊田)の耐えた切ない顔を見たら、男はみんな寂しくなってしまったでしょう。
私としては、姫川にあんな形で女を出させてしまったのが気に食わなかったですが、菊田と笑顔で別れて行くラストシーンで何とか納得したものです。
雨のシーンが多く、内容も明るくはないので、沈んだ気分にならせる映画でした。(50代男性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました