子どもが教えてくれたこと/あらすじとネタバレと感想

子どもが教えてくれたこと2016年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

子どもが教えてくれたことの概要

制作:2016年 フランス
監督:アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン
出演:アンブル、カミーユ、イマド、シャルル、テュデュアル、ジェゾン、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

子どもが教えてくれたことの見どころ

フランスに暮す難病を追った5人の子供たちをドキュメンタリーで映し出し、小児医療について考えさせる映画。
2017年のジッフォーニ映画祭GEx Doc部門の作品賞を受賞。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

子どもが教えてくれたことのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

フランスの病院では沢山の子供が治療を受けていました。
中でもシャルル、イマド、テュデュアル、カミーユ、アンブルたちにスポットを当ててみていきます。
子供たちは難病を負いながらも病気に負けずに日々を一生けん命に生きています。アンブルは9歳の女の子です。動脈性高血圧症という病気にかかっており、いつも薬剤入りのポンプが入ったリュックを背負っていました。アンブルは運動に制限があり、普通の子供のように運動はできませんがお芝居に夢中でした。学芸会ではプリンセスを演じてかわいらしいドレスに身を包みます。アンブルは大満足です!最近やっとアンブルの姉はアンブルの病気を理解した所でした。
カミーユ五歳の少年で神経芽腫です。闘病中ですがサッカーに夢中でした。サッカークラブに所属し、父親の助けを借りながらも一生懸命に練習しています。その日によって練習できない日もありましたが、カミーユは常に精いっぱいボールを蹴っていました。カミーユはお母さんのおなかにいた時にこの病気になりました。
デュデュアルは8歳になる少年で、学校に行きたいという思いを抱えていました。3歳の時に神経芽腫の手術をし、背中を切り腫瘍を取り除くという大手術で瞳の色が左右変わってしまいました。今は転移しないように治療していますが化学療法の辛さや、薬の副作用など辛いこともありましたが前向きにできることを探しています。
7歳になるイマドは腎臓病で透析を受けていました。学校も休みがちで進級できずに居ましたが、ようやく腎臓移植が進んでいる所です。
8歳になるシャルルは表皮水泡症で、自分の皮膚が蝶の羽のように弱いといい包帯で覆っていました。常に温度管理が必要なシャルルは暑さに弱くてデリケートです。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

ネタバレと結末

それでも子供たちは世間との関りを断つことは考えておらず、積極的にかかわっていくもののそこに病気が無くなることはなく、現実を突きつけられることもありますがそれでもどこまでも前向きに闘病していきます。そして家族の協力を受けながら、病気を受け入れ、幼いけれどわがままを言うことなく自分がずっと付き合っていく病気として受け入れていきます。自分の可能性を信じて、人と関り、やりたいことをして笑顔でいること。それが子供たちの共通でした。笑顔の子供たちを映して映画は終わります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

タイトルとURLをコピーしました