ジヌよさらば〜かむろば村へ〜/あらすじとネタバレと感想

ジヌよさらば〜かむろば村へ〜 2015年の邦画

ジヌよさらば〜かむろば村へ〜の概要

制作:2015年 日本
監督:松尾スズキ
出演:松田龍平、阿部サダヲ、松たか子、二階堂ふみ、西田敏行、他

ジヌよさらば〜かむろば村へ〜の見どころ

いがらしみきおの漫画”かむらば村へ”を原作に実写映画化。
お金恐怖症の男が一円も使わないでいい東北のかむらば村へやってきて、癖のある人々に巻き込まれながら騒動に巻き込まれて行くというストーリー。

ジヌよさらば〜かむろば村へ〜のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

高見武晴は銀行に勤めていたものの、融資担当になっていたことから経営不振で経営者の自殺や恐ろしい事に巻き込まれそうになったことからお金恐怖症にかかってしまい、銀行を辞めてお金を使わないでも良さそうな田舎に引っ越してきました。村長の与三郎にお世話になりながらも高見の田舎暮らしが始まりました。
まず冬の寒さに耐えきれず、ヒートテックでしのぐことにしました。
高見はお金を使えないため600万以上入っていた通帳を捨てます。するとその通帳を村長の妻亜希子が拾い、高見に怒って持ってきました。そして亜希子のやっているスーパー天野で働くことになりました。賃金はお金ではなく物資で貰う事でお金に触らないですむことになりました。
生活していくうちに、高見の貯金が村の人にばれてしまい、チンピラの青木と青木と組んで売春をしている女子高生青葉は高見を誘惑して100万もらって東京に出て行きます。
ヤクザの多治見は村長を良く思っておらず、亜希子を誘拐したりと地味な嫌がらせを続けます。
一方で村の助役の伊吉は隣町の町会会議で、合併の話が出ており伊吉がもてはやされて村長選挙に立候補して見ることを進められ隣町に乗せられました。
同時に多治見は村長が人を殺して指名手配されていると言いふらし、留置所にはめられることになってしまいました。面会に来た亜希子に高見に村長選に出るように伝え、高見も承諾し出馬します。高見はこれまで村長が村のためにと自分を犠牲にしてきたことを知って感銘を受けたのでした。

ネタバレと結末

高見は「お金を使わない、買わない、売らない」を掲げ、対馬である伊吉は県知事まで連れてきています。
どう考えても新参者の高見は不利である中、村長が釈放されて帰ってきます。そして村長が演説し、村人も拍手喝采しますが、高見は村長選にやぶれてしまいます。
その頃、村の神様と呼ばれているなかぬっさんを多治見が殺しに来ました。しかし多治見は有害な温泉に入ってしまいそのまま亡くなってしまいます。その直後、なかぬっさんも大往生してしまうのでした。
なかぬっさんが亡くなった直後、空からザリガニが降ってきました。新しい村の始まりの予感がします。
そして東京で痛い目に合って帰ってきた青葉と高見は一緒になり、次の村長選ではさらに頑張ると決めた高見の様子をなかぬっさんの孫が写真に収めました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました