96時間/レクイエム/あらすじとネタバレと感想

96時間/レクイエム 2015年の洋画

96時間/レクイエムの概要

制作:2015年 フランス
監督:オリヴィエ・メガトン
出演:リーアム・ニーソン、フォレスト・ウィテカー、ファムケ・ヤンセン、マギー・グレイス、ダレイ・スコット、サム・スプルエル(英語版)、リーランド・オーサー、他

96時間/レクイエムの見どころ

96時間シリーズの第3弾。
元CIAの男が元妻とよりを戻したい&娘への過保護のため単独で事件を解決していくストーリー。今回は元妻を殺したとして誤認逮捕された主人公が容疑を晴らすために全力で悪と戦う。

96時間/レクイエムのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

元CIAのブライアンは離婚した妻の事が忘れられず、過保護気味な娘も含めいい関係を築こうと頑張っています。
ある日、娘のキムの誕生日に大きなぬいぐるみを持ってお祝いしようとしたブライアンはキムに大学生なんだから・・・と言われてしまいます。ブライアンの元妻であるレノーアは資産家と再婚し、キムと一緒に三人で暮らしています。しかしレノーアは今の夫に不満があり、ブライアンは元さやに戻りたいのでいつも隙を狙っています。ブライアンはレノーアに家のカギを渡すものの、すぐに現在の夫に注意されてしまいました。ある日レノーアが家に居る時に、ブライアンはベーグルを買いに出かけます。しかし帰って来るとレノーアは寝室で殺されていました。しかもそこに警察が踏み込んできてブライアンに殺人容疑をかけます。ブライアンはすぐに逃げ出し、レノーアの足取りを探り出します。すると昨日訪れたガソリンスタンドの監視カメラで拉致されるレノーアを発見しますが、その時、指名手配されていたブライアンを警察が捕まえに来ました。連行される中、ブライアンはパトカーを奪い逃走しながら警察のデータを盗みます。
元CIAの仲間を通じて、キムにレノーアの葬儀に普通に出ているキムに普通に過ごすように言われます。ようやくキムに会うと、キムはブライアンに彼氏の子を妊娠したことを伝えました。
そこにブライアンの追手が来て、ブライアンはスプリンクラーを回してどうにか逃げ出したのでした。ブライアンは真犯人を見つけようとします。

ネタバレと結末

ブライアンの追手は、元妻レノーアの現夫スチュアートが雇った追手でした。スチュアートに聞きだすと、スチュアートはロシアマフィアに借金があり、それが原因でレノーアが殺されたと言います。そしてマフィアのアジトに乗り込んだブライアンはそこで本当の黒幕がスチュアートだと知ります。
スチュアートはレノーアに多額の保険金をかけていたのでした。スチュアートの計算ではブライアンが犯人となり殺されるはずでしたが、ブライアンが生きているのでマフィアに差し出して借金を帳消しにしようとたくらんだのでした。スチュアートはキムを人質に取り、自家用ジェット機で逃げようとしますがブライアンが強引に止め、スチュアートを殺そうとするブライアンをキムが止めてスチュアートは逮捕されてしまいます。
後日、キムと彼氏は赤ちゃんを産みたいと言い、生まれたらレノーアと名付けると聞いてブライアンは許してしまうのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました