悪夢探偵/あらすじとネタバレと感想

悪夢探偵2007年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

悪夢探偵の概要

制作:2007年 日本
監督:塚本晋也
出演:松田龍平、hitomi、安藤政信、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

悪夢探偵の見どころ

他人の夢の中に入れるという特殊能力を持った悪夢探偵が刑事と共に殺人事件を解決していくというサスペンスストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

悪夢探偵のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

影沼京一は人の心を読むことができ、人の夢の中にも入れる能力を持っています。
ある日、父の知り合いである大石に頼まれて大石の夢の中に入りました。大石は悪夢を見続けており、その原因を取り除いて欲しいというものでした。大石は生まれるはずだった娘が原因でした。現世では息子や娘が大石の遺産を狙っており、いっそ娘と夢の中に残ると言いました。
影沼は大石に夢の中に長くいると廃人になってしまうと忠告しますが、大石はそのまま夢の中で暮すと言いました。そして影沼が現実に帰って来ると、大石が息を引き取っていたのでした。
また影沼にとっても現実の世界は嫌なことばかりです。人の心の声が聞こえてくるというのは予想以上に疲れるものでした。
町では一人のパンク少女が一緒に自殺してくれる人を探していました。丁度その時ゼロと電話をしており、突然パンク少女が見えないものにナイフで刺され出します。少女は全身をナイフで切りつけられて絶命します。
この事件を刑事の霧島が担当します。霧島は携帯電話の履歴にゼロとの通話があったこと、そして隣人から死を拒否する悲鳴を聞いたことから自殺ではないと判断するのでした。
そうこうしている間にサラリーマンも同様にゼロからの着信後に切り刻まれて死んでいました。夢が関係しているのではないかと考えた霧島は影沼に捜査協力を申し出ます。
そしてゼロに電話するもののつながらず、後で若宮刑事が電話したら繋がりました。若宮刑事が夢の中で逃げている時に影沼が追い付きます。そしてゼロに自殺を暗示され、若宮刑事は自分で自分を切り刻み始めます。影沼も切られて夢から出てきてしまいました。若宮刑事は眠ったまま自分を切り刻み始め、霧島が止めるのもむなしく、そのまま階段から落ちて死にます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

影沼は若宮刑事の夢に入ったことでゼロからターゲットにされてしまいました。
霧島は影沼に何度も夢でゼロを倒してくれと頼みます。影沼は余計な事をしたくないと拒否しました。
霧島は自分でゼロに会おうと思います。そしてゼロに電話し、刃物を全て処理して自分が眠らないようにします。自分が眠たくなると電話し、影沼も協力してくれましたが霧島は眠ってしまいます。霧島の夢に入り込んだ影沼はゼロの過去を見ます。ゼロは影沼に過去を見られて驚き、霧島は死にたくないという思いを二人に送ります。このことでゼロは死にたくないという思いを持ったまま死んでしまいます。ゼロは自殺未遂を起こして病院で死んでいました。すべてが解決した後霧島は眠り続け、元気になって影沼をラーメンに誘うのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました