アヒルと鴨のコインロッカー/あらすじとネタバレと感想

アヒルと鴨のコインロッカー 2007年の邦画

アヒルと鴨のコインロッカーの概要

制作:2007年 日本
監督:中村義洋
出演:濱田岳、瑛太、関めぐみ、他

アヒルと鴨のコインロッカーの見どころ

伊坂幸太郎の小説を実写映画化。
本屋を襲撃することになった少年と二年前の事件が繋がっていく若者の青春と苦悩を描いたストーリー。

アヒルと鴨のコインロッカーのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

宮城県仙台市のアパートへと東京から引っ越してきた大学生椎名。
アパートの部屋の隣の河崎と知り合い、部屋に誘われます。アパートにはドルジというブータン人も住んでいて、ドルジはペットショップで働く琴美と付き合っていました。そして河崎は椎名に琴美の上司、麗美の事を信じるなというのでした。琴美は河崎と付き合ってからドルジに移行していました。
それまでは河崎は女に不自由したことなく、はじめて琴美にフラれたのでした。そしてその時に言われた本屋でも襲って、何か熱くなって見なさいよ。という言葉を今も真面目に受け止めていました。
河崎はドルジのために本屋を襲って広辞苑を盗み出す計画を立てます。
ドルジはアヒルと鴨の違いを知りたいと言って辞書を欲しがっていたのでした。そして椎名は次々に河崎に巻き込まれて行きます。ある日、大学で麗子を見かけ、ペットショップをしているというのでピンと来て話しかけると麗子からは河崎くんに気をつけろ。彼の言うことは信用するなと忠告されるのでした。
しかし椎名はある日、河崎の秘密を知ってしまいます。実は河崎は二年前に亡くなっており、自分を河崎だと名乗っている本人がドルジだったのでした。
今から二年前の事、動物虐待事件が相次いでいました。琴美とドルジが犯人であろう三人組の会話から犯人だと思い石を投げて撃退したものの、その場に琴美が定期を落として住所が知られてしまいました。
そして琴美が車で轢き殺されてしまいます。その後三人のうち二人は交通事故で亡くなりましたが、犯人のひとりである江尻は生きています。その時、本物の河崎とドルジは江尻に復讐することにしたのでした。

ネタバレと結末

しかしその時、河崎の具合が悪くなります。河崎はHIVにかかっており、そのまま死んでしまいます。
一人になったドルジは共犯者を探しますがなかなか見つかりませんでした。そこで見つかったのが椎名だということでした。
実は椎名が本屋から本を盗んでいる間に、ドルジは江尻を捕まえていたのでした。というか、江尻が経営している本屋なのです。そして江尻を拉致したドルジは防風林に連れて行き、拘束して放置することで鳥葬しようとしたのでした。
そして椎名は東京の父の具合が悪くなり、家に帰ることになりました。
椎名が帰る日にドルジが見送りに来てくれ、見送った後、迷い犬を助けてドルジは車に轢かれて死んでしまいます。何にも知らない椎名は新幹線で弁当を食べて眠っていました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました