駆込み女と駆出し男/あらすじとネタバレと感想

駆込み女と駆出し男2015年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

駆込み女と駆出し男の概要

制作:2015年 日本
監督:原田眞人
出演:大泉洋、戸田恵梨香、満島ひかり、内山理名、陽月華、キムラ緑子、木場勝己、神野三鈴、武田真治、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

駆込み女と駆出し男の見どころ

井上ひさしの小説東慶寺花だよりを原案とし実写映画化。
女側からの離婚が困難だった江戸時代に幕府公認の縁切り寺ができ、その寺に頼る女たちの再出発を手伝う男とさまざまな事情の女の事をコミカルに描いている作品。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

駆込み女と駆出し男のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

天保十二年の江戸のこと。
江戸時代後期の天保年間には”天保の改革”によって質素倹約、奢侈禁止が推されていて、平民は娯楽も禁止され取り締まられていました。
そしてその頃鎌倉では、離婚したい女性のための幕府公認の縁切寺である東慶寺がありました。この頃の日本は男尊女卑が盛んで、夫から離縁したいと一方的に言うのは自由でしたが女性側から離縁したいというのはご法度でした。縁切寺に駆け込みさえすれば、問題解決のために動いてくれるというのですが、駆け込み寺に入るにはまず御用宿で話を聞いて、夫側を呼び出して示談できればそれで済ませます。しかし示談にならなければ東慶寺で二年女性が修行すれば晴れて離婚できるのでした。その場合のみ、旦那側は何も言えないというルールです。そんな中、日本橋の唐物問屋堀切屋の妾お吟は東慶寺を目指します。
縁切寺は籍を入れてなくても対応してくれるのでした。堀切屋には正妻はいません。
一方鎌倉でたたら場を仕切る練り鉄の職人じょごの夫は盛り場に入り浸って仕事もしませんでした。そして盛り場に迎えに来たじょごの顔をせせら笑います。じょごは仕事で顔に大きなやけどを負っていたのでした。それでも我慢して一緒に帰ろうとしたじょごにじょごの夫は暴力を振るい、怒鳴り上げます。ついにじょごも東慶寺を目指します。夜中に歩いていたじょごとお吟が会い、二人で歩いていきました。
二人は追手を気にしながら東慶寺に駆け込むことに成功します。東慶寺では女の言い分が間違ってないか十分に検討されます。二人も聞き込みが始まりました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

ネタバレと結末

しかし二人の夫は呼び出しに応じず、自動的に二人は法秀尼の下で二年間の修行をすることになりました。
そこにはさまざまな事情で来ている女たちが居ました。しかしある日お吟が結核になってしまいます。その頃結核は不治の病であり、そのままお吟は亡くなってしまいます。
男子禁制の駆け込み寺に強引に入ってこようとする男も居ましたが、お吟の夫は寺の入り口で経を唱えていました。二年が経ち、じょごが修行から解放されるとき、じょごの夫が改心するから戻ってきてくれと言いに来ましたがじょごは拒否しました。これで晴れてじょごは離縁することができたのでした。
じょごは戯作の道を諦めておらず、曲亭馬琴の元に駆け込み寺に居た信次郎と共に行くのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

タイトルとURLをコピーしました