神様はバリにいる/あらすじとネタバレと感想

神様はバリにいる2015年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

神様はバリにいるの概要

制作:2015年 日本
監督:李闘士男
出演:堤真一、尾野真千子、ナオト・インティライミ、菜々緒、玉木宏、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

神様はバリにいるの見どころ

原案はクロイワ・ショウのエッセイ『出稼げば大富豪』。
単身でバリに渡り、実在の日本人実業家となった丸尾孝俊を描いている。
ビジネスで失敗して借金から逃げるためにバリにやってきた女性が「アニキ」と呼ばれる怪しい男性。しかしこのアニキ、バリでは大富豪だったというコメディ映画。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

神様はバリにいるのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

バリ島に照川祥子が来ます。祥子は婚活ビジネスに失敗して800万の借金をせおって投身自殺しようと思ってバリにやってきたのでした。自殺場所を探している祥子に、眼科医のリュウが話しかけます。何かと思えばそこで死なれると土地の資産価値が下がるのでやめて欲しいという事でした。
腹の立った祥子はそのまま場所を離れて歩いていると子供にバッグをひったくられてしまい、気が付くとホテルのラウンジに寝ていました。目を覚ました祥子に男が近づき、お前みたいな日本人がいるから日本人のイメージが悪くなると怒鳴ります。そこにリュウが来て「アニキ!」と呼んだことで祥子は一瞬ヤクザと思いました。リュウがアニキに祥子の話を聞いてやってくれと言われ、祥子は自殺場所を知りたいことを伝えます。そこでアニキが笑い、祥子は二人で酒を飲んで寝ました。翌朝、アニキの家で目を覚まし、またアニキと祥子はケンカをしだします。しかし祥子が昨日飲んだ酒は70万であり、金が返せなければ体でかえしてもらうといわれてしまいます。アニキの大きな本宅に連れて行かれ、家族を紹介され、祥子に掃除をしろと命じました。掃除をしている時にリュウが来て、祥子と話をするとアニキが兆レベル大富豪であることがわかります。祥子はアニキになぜ掃除をさせるのか聞くとレベルアップさせていると言い、祥子はもう自分は死ぬから関係ないと言い放ちます。そして800万の借金はアニキにとってはなくそぐらいだといわれてしまいます。アニキは金の儲け方を祥子に教えました。祥子もあっさりとアニキに弟子入りします。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

しかし祥子はアニキのやっていることがよくわかりませんでした。そこに祥子に求婚していた杉田が来ます。インチキだという杉田にリュウが話しだします。リュウは総合病院の跡取りですがアニキに弟子入りしてバリでボランティアの診療をしていました。アニキはバリの人々に靴を与え仕事を与えています。笑顔が皆を幸せにすると信じて前向きになることを指示します。
そして祥子も何とか借金を返したいと思いだし、アニキはバリに幼稚園を作ろうとしますがうまくいきませんでした。それでも幼稚園開設への糸口が見つかった時、祥子は日本に帰ると決めた時アニキは800万の小切手を渡そうとしますが祥子は拒否して、代わりにアニキの名言を本にさせてもらう事を約束します。
祥子は日本で神様はバリにいるを書き出版し、バリにアニキに会いに行くのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました