孤高のメス/あらすじとネタバレと感想

孤高のメス2010年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

孤高のメスの概要

制作:2010年 日本
監督:成島出
出演:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

孤高のメスの見どころ

現役の医師・大鐘稔彦の大ヒット小説を実写映画化。
情熱的外科医を通して地方医療問題や臓器移植などの現実問題にもスポットを当てている。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

孤高のメスのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

地方の小さな町で看護師をしていた中村浪子は、適切な処置を受けることができずに急死してしまいます。
一人息子である新米医師の弘平が浪子の遺品を整理していると浪子の古い日記を見つけました。
そこには昔の病院仲間との記念写真と、当時の浪子の苦悩が綴られていました。
1989年のこと。浪子はシングルマザーで幼い弘平を保育所に預けてさざなみ市民病院に看護師として働きに行っていました。浪子は看護師の仕事が嫌でたまらないらしく、愚痴が沢山綴られていました。オペ担当になってからも市民病院では診ずにすぐに大きな慶応大附属病院に患者を転送することにも腹を立てていました。
ある日のこと、市民病院に名外科医の当麻鉄彦がやって来ます。名医なのに小さな病院ばかり狙ってきているようで、地方医療技術を上げていくことが目的でした。そんなことを知らない浪子は当麻に嫌悪感を抱いてしました。しかしある日、患者を見事なオペで助けたのを見て考えが変わります。浪子はその姿を見て、とたんに仕事のやる気が出るのでした。当麻は患者第一で考える上に名医でたちまち評判が上がっていきました。そんな当麻に反発する外科医野本はある日、オペで失敗し患者の家族にもウソをつくのでした。
そんな野本を見ていた外科医の青木は本当に嫌気がさして市民病院を辞めてしまいます。そんな青木に当麻は自分が居たピッツバーグ大学への紹介状を渡しました。青木はピッツバーグ大学に行きます。
そのすぐのちに、大川市長が倒れてしまいます。末期の肝硬変で生体肝移植しか治る方法はありませんでした。当時は世界中でも前例がなく、親戚たちが自分の肝臓を使って欲しいと言っても条件に合わず苦悩します。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

そんな時、浪子の隣の息子が事故で脳死してしまいます。誰かの役に立ちたいと思っていた家族は市長への臓器提供を望みます。しかしその頃はまだ脳死=死としては扱わず、禁断の領域です。みんなが止める中、当麻は協力を得て臓器移植を決断します。そこに野本が邪魔しに入ります。それでも当麻や浪子は12時間にわたる手術をし、見事に成し遂げました。そして刑事訴追は見送られたものの、当麻は責任を感じて辞表を出しました。浪子は当麻に感謝の言葉を告げると、当麻は浪子を褒め返します。浪子は看護師として誇りを持って仕事を続けていきました。
そんな浪子の日記を読み終えた弘平は医療に関する考えが変わり、新しい病院に行きます。そこは、当麻が孤高のメスを振るう病院で運命を感じたのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました