雷桜/あらすじとネタバレと感想

雷桜 2010年の邦画

雷桜の概要

制作:2010年 日本
監督:廣木隆一
出演:岡田将生、蒼井優、小出恵介、柄本明、時任三郎、他

雷桜の見どころ

宇江佐真理の小説を実写映画化。日本版のロミオとジュリエットと言われている。
徳川家の子孫と村に住む娘が出会い、純粋な女性の心に胸を打たれて惹かれていくというストーリー。
小説は女性側の半生を綴っておりロングセラーヒットになっている。

雷桜のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

徳川家斉の息子である清水斉道は幼いころから母親の愛情を受けずに育っていました。そのため心がすさんでおり、使用人にもすぐに手を出す荒い殿さまでした。誰にでもそんな態度なので悪評は広まっており、父の斉道でさえも息子の斉道の事を毛嫌いしていました。
それでも家来の瀬田と榎戸は斉道をかばい、一緒に過ごして居ました。二人は斉道は幼いころから“はっかん”という病気を抱えており、それが心の病気だと考えたのです。
二人と共に馬に乗っていた時、斉道は急に何もかも嫌になり思うがままに走り出してしまいます。そうして着いたのは広い野原で斉道はそこで寝転がりました。するとその上を馬が通り、無礼者と憤慨する斉道が追うと乗っていたのは女性でした。しかも斉道は戦いに敗れてしまいます。女性の名は雷と言い、近くの村の娘でした。気を失った斉道に雷が口移しで水を飲ませると、斉道はそのまま雷を抱きしめてしまいますが、雷は驚いて二度と森に入るなと言って帰ってしまいます。雷の美しさに見惚れてしまった斉道はそれからずっと雷の事を考えていました。そして父にも黙ってまた同じ森に入ります。そしてその森には天狗が出るという噂があり、斉道はまた襲われます。しかしそれは天狗と呼ばれている雷の父でした。すぐに雷が止めに入り、斉道を逃がします。そして自分の屋敷に帰った斉道は瀬田に森で女の天狗に出会ったことを話します。すると瀬田は自分の妹かもしれないと言い出したのでした。そうして雷もまた父にどうして外部の物をすぐに殺そうとするのかを尋ねました。

ネタバレと結末

雷の父は育ての親で、雷は庄屋の娘であり赤ん坊の時に誘拐したと言われます。父は雷の本当の父の事を恨んでおり、雷の事も殺そうとした時に近くの木に雷が落ちたので、この子供は殺してはいけないと思い今まで育ててきたと言います。衝撃的な告白をされて雷はそのまま家を飛び出してしまいます。しかし次に家に帰った時には家は燃えており、父の姿も見当たりませんでした。行くところの無い雷は自分の生まれた家である瀬田の実家に帰りますが、馴染めませんでした。斉道は雷が瀬田の家に居ると聞いて駆け付けます。
ある日また斉道がかんしゃくを起こした時に雷が馬に誘い連れ出し、そこで二人は恋に落ちます。しかし斉道は紀州に養子に行くことが決まっていました。二人は契りを交わし、駆け落ちすることも考えますが奇襲を受け、雷の父に救われます。そのため、雷の父は亡くなってしまうのでした。雷と共に生きたいという斉道を家来が必死で止めます。結局斉道は紀州へと旅立ちます。しかし18年後斉道は病気になり雷を思いながら死んでしまいました。そして実家に帰る瀬田はそこで雷と斉道の子供と会うのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました