明日泣く/あらすじとネタバレと感想

明日泣く 2011年の邦画

明日泣くの概要

制作:2011年 日本
監督:内藤誠
出演:斎藤工、汐見ゆかり、武藤昭平、井端珠里、奥瀬繁、マービン・レノアー、他

明日泣くの見どころ

若いころに小説で賞を取った作家がジャズピアニストの同級生と再会し、小説がうまく描けなくなった主人公は賭けマージャンをしながらも小説を書いている。対して同級生もピアニストへの夢を諦めきれない。うまくいかない二人の交流を描いた作品。

明日泣くのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

高校時代の武は小説家になりたいという夢を持ちながらも賭けマージャンをしに雀荘に入り浸っていました。ある日、武が喫茶店で居ると同級生のキッコが駆け込んできて武の隣に座ります。そのキッコの後を追ってきたのは音楽の吉永先生で、吉永先生は武の顔を見るとバツが悪そうな顔をして出て行きます。キッコは武のタバコを取り、一本吸うと武に助かったと言って喫茶店を出て行きました。武はこの日初めてキッコと接触したのでした。
キッコはジャズピアニストとしての夢があったのですが、音楽大学への推薦入学するための吉永先生の試験特訓であるクラシックが耐えられず逃げたのでした。キッコは武の夢の小説家も馬鹿にせず聞いてくれました。
喫茶店では中年の女性に武の小説を読み上げられ、からかわれてしまったことで武は逃げ出してしまいます。
ある日、武は賭けマージャンでいつものイカサマをしてばれてしまい暴力を受けて店を追い出されてしまいます。そして闇のカジノに行くと、喫茶店で出会った中年の女性に再会し、女性に金を貰いカジノを楽しみました。武が家に帰ると不機嫌な父に怒鳴られます。そして新聞を投げつけられ、その新聞には生徒と教師が心中を図った事件が書いてありました。その日からキッコはぱったりと武の前から消えてしまいました。
そして武は22歳になり小説で賞をもらいました。しかしその後はパッとせず、やはり父に怒鳴られるのでした。そして父が死に、遺産を相続した武は小説を書きながら賭けマージャンに明け暮れます。

ネタバレと結末

三年後、武が相続した遺産が底をつきました。小説代金の前借をしながらまだ賭けマージャンに入り浸り、カジノに行った時がさ入れがあり、島田とバーに入りました。そこにキッコがピアニストとして演奏していたのでした。そのまま飲みつぶれてしまった武が目を覚ますとキッコと島田がセックスしており、キッコの旦那が迎えに来ましたがその男は吉永でした。吉永はキッコを好きなようにさせていました。
武の担当は武とバーに行き、小説のモデルがキッコだと知りますが否定します。キッコは武を他のバーに連れて行き、こういうピアノが弾きたいと言いました。吉永の元にキッコを連れて帰った時、吉永は父親代わりだと武に言いました。武が闇カジノに行くと中年女性が一億の借金で死んだと聞かされます。その時、がさ入れがあり、このことが原因で武は編集者から契約を解除されてしまいます。キッコは薬に溺れていました。キッコの人生もうまくいきません。しかしピアノを続け、人気が出てきた所で仲間のひとりが薬で捕まりまたキッコが消えました。武は「明日泣く」を書き終え、担当がやってきてキッコの仲間を通報したのはキッコの旦那吉永だと言いました。武がふとテレビを見るとUFOと交信できるピアニストとしてキッコが出演していました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました