はじまりのみち/あらすじとネタバレと感想

はじまりのみち2013年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

はじまりのみちの概要

制作:2013年 日本
監督:原恵一
出演:加瀬亮、田中裕子、ユースケ・サンタマリア、濱田岳、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

はじまりのみちの見どころ

映画監督木下恵介の生誕100周年作品。
木下の第二次世界大戦中の母と子の実話である。病気の母を疎開させるために母をリアカーに乗せて山越えをした話を中心に母と子の愛情を描いている。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

はじまりのみちのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

第二次世界大戦中、日本政府は木下の作る映画にさえも戦意が高くなるようなものを強要していました。
そう言われて作った去年の作品である陸軍は女々しいと全面拒否され、それから次の作品を作ることができなくなっていました。自分の作品を作れなくなった木下は映画会社の松竹に辞表を出し、浜松に帰りました。浜松には病気になった母が療養しています。もどったものの、木下に仕事はありませんでした。
そうしている間にも戦争は悪化の一方で、浜松にも空襲が迫ってきていました。母を心配した木下は、山間部に居る親戚の家に母を託すことにしました。母の病気の事を考えて、木下はバスには乗せず自分でリアカーを牽いて連れて行くことにしました。一台に母を乗せて、二台目に母の荷物を乗せて母を兄の敏三と木下が牽いて、二台目は便利屋を雇います。そうして四人は夜中に出発するのでした。
しかし天候は最悪の激しい雨が続きます。到着予定は17時間後です。休憩の合間に兄が木下の事を便利屋に映画監督をしていたと言いかけて木下がバツが悪くなり遮ります。便利屋は勝手に映画館で働いていたのだと思い込みました。そして列車に乗ろうとしましたが、列車の出発は二日後と言われ宿を取りました。
河原で散歩していた木下に、映画館で働いていたと思い込んでいる便利屋が陸軍の映画を進めてきてラストが良かったと言って涙ぐむ便利屋にちょっと感動します。
便利屋は知らずに純粋に褒めただけなのですが、木下はその言葉に救われるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

ネタバレと結末

トロッコ列車に乗って、一同は母の疎開先に到着しました。母は木下に手紙を書いて渡します。木下の映画がまた見たいのでまた映画監督に戻って欲しいと書いてありました。
その手紙を読んだ木下は松竹に戻る決意をしました。もちろん便利屋の言葉も木下の心に響いていました。
その後すぐに木下は松竹に戻り、その後すぐに戦争は終わりを迎えました。母は終戦から三年後の昭和23年に亡くなり、他界しますが木下はその時撮影の現場に居て母の事を看取る事ができませんでした。
しかし母の望みでもある映画監督をその後も立派に勤め上げるのでした。
エンドロールでは木下の戦後の監督作品が13本紹介されて映画は終わります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

タイトルとURLをコピーしました