チョコリエッタ/あらすじとネタバレと感想

チョコリエッタ2015年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

チョコリエッタの概要

制作:2015年 日本
監督:風間志織
出演:森川葵、菅田将暉、市川実和子、村上淳、須藤温子、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

チョコリエッタの見どころ

犬になりたい少女が母を亡くして以来心の拠り所だった犬まで死んでしまい、心を閉ざしていたが人を殺したいと思った事のある青年と親しくなっていくにつれ、明るくなっていくというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

チョコリエッタのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

高2の知世子は絶望を感じています。
もともと知世子は父と母と犬のジュリエッタと幸せに暮らしていました。しかしある夏の日、家族旅行の帰りに事故を起こし、父は入院し、母はそのまま亡くなってしまうという不幸に見舞われてしまいます。
高校生になった知世子は先生に進路希望を書いてと言われて出したのは「犬になりたい」という言葉でした。そして名前をチョコリエッタと書きます。
知世子は女の子ですが坊主にしていました。そして映研クラブに所属していましたが部員が少なく廃部寸前です。そして心の拠り所にしていた犬のジュリエッタが亡くなってしまったのです。
こうして知世子は絶望を感じ、心を閉ざしてしまいます。部室に行った知世子は、とあるDVDを見ようとしたら卒業生である映研の先輩の正岡正宗の私物だと知り、正岡の家まで行きました。正岡は昔からかなり変わり者で、今もアジトみたいな家で映画を撮影していました。そこでフェリーニの『道』を見ます。
知世子は正岡に死にたいって思った事がある?と聞くと正岡は殺したいと思った事ならあると答えます。
知世子はそれから正岡の家に通うようになりました。そして二人は変な関係に落ち着きます。
家出はジュリエッタが死んだのにいつまでも犬小屋を片付けない知世子に、父の妹が怒りケンカになりました。知世子は家を飛び出し正岡の家に行くと正岡の過去を聞きました。正岡は親に捨てられて祖父に育てられていました。正岡が荒れた時も祖父が受け止め、彼に映画を教えたのも祖父でしたが三年前に亡くなっていました。
正岡は知世子を撮りたいと言いだし、廃墟のようになったアーケードに連れて行き知世子を撮り、そのままラブホテルに行きました。何事もなく泊まり、知世子が行きたいといった海に向かったはずが付いたのは山でした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

豹変したように怒り出した知世子を置いて、正岡は帰ってしまいました。
知世子はどくれて寝ているといろんなものが見えてきました。そして知世子が覚醒し目が覚めて元来た道を帰り始めると、正岡も迎えに歩いて来ていました。そして二人で夜の海に向かい、家に帰りたくないという知世子を正岡は送ります。そしてジュリエッタの犬小屋を二人で燃やしました。知世子はフェリーニの『道』と同じような映画を撮っていると、亡くなった母とジュリエッタが見えた気がして『道』のラストシーンのように叫ぶのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました