ヤンキーヘルパー/あらすじとネタバレと感想

ヤンキーヘルパー 2011年の邦画

ヤンキーヘルパーの概要

制作:2011年 日本
監督:城定秀夫
出演:木下柚花、飯島大介、吉本輝海、河野智典、小倉もも、中村英児、他

ヤンキーヘルパーの見どころ

ヤンキー娘がヤクザの彼氏の組長の介護をすることになり、昔の自分を取り戻しつつ組長に対しても優しくなっていくというストーリー。

ヤンキーヘルパーのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

今日もマリアは特攻服を着て仲間とケンカに明け暮れていました。子分の二人とマリア、対してセーラー服軍団3人とケンカし、祝杯を上げるために自分のアパートに帰ります。子分たちにも飲めというものの、子分たちは裏切り酒に一服盛ってマリアは眠り込んでしまいました。
マリアが目を覚ますと彼氏の悠太が居て、子分たちはマリアがけんか相手から奪った金を盗んでヤンキーを辞めるという手紙を書いて姿を消していました。マリアが腹を立てていると悠太がもつれ合ってきて寝ます。悠太はヤクザの芳賀興業の下っ端部員でした。芳賀はヤクザの中でも相当で自分の女にまでシャブを打って売春させています。しかし本家の芳賀が認知症になりかけているという事で介護を要請されますが、悠太に言いつけているのでした。しかし悠太は介護がうまくありません。うまくできない悠太に芳賀が怒ります。一方でマリアは仕事を探そうとしますが、マリアにできることと言えば風俗くらいしかありませんでした。そんなマリアに悠太は時給を払うから組長の介護をしてくれと頼むのでした。マリアは断れずしょうがなしに組長の家に行きます。しかし介護どころか組長の事もジジイと呼び汚い言葉でののしります。しかし組長はそんなマリアに優しく接するのでした。そしていつしかマリアは組長の事を思い、料理を練習しだし介護を前向きに受け止めるようになったのでした。
一方で悠太は事務所で覚せい剤の袋詰めをしていました。芳賀の彼女の薬が切れて暴れだしたところで客から売春の要請があり悠太が送って行きました。そして終了の時間に迎えに行くと芳賀の彼女の薬は完全に切れており悠太に迫ってきます。芳賀の彼女は薬もそうですが悠太とも寝たがりました。

ネタバレと結末

・・・悠太は抑えきれずに芳賀の彼女と寝てしまいました。
そのうえ覚せい剤にまで手を出してしまいます。その後、組長の所に行った時に薬が切れてしまい組長に覚せい剤を使った事がばれてしまいます。マリアと組長は悠太から完全に薬を抜くのを手伝いました。その事にはマリアと組長は家族のような関係になっており、そこに悠太が入ります。組長は組員に騙されて薬漬けになって死んでしまった自分の娘の話をして、二人に墓から骨壺を持って来てくれと頼みました。マリアと悠太が取りに行くと壺の中に入っていたのは覚せい剤でした。組長が組が薬から手を引かせようと思い隠していたのでした。その頃組長は芳賀に組を渡す書類に判を押していました。そして印を押すと同時に芳賀は掌を返し、これからは薬でのし上がると言いました。すると外ではマリアと悠太が薬を撒いていました。芳賀がマリアの顔を見て驚きます。組長の娘そっくりだったからです。組長の娘を騙したのは芳賀でした。マリアが芳賀に近づくと芳賀は狂ったように自分に向けて拳銃自殺しました。
その後、マリアと悠太と組長は家族のように仲良く暮らしました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました