運命じゃない人/あらすじとネタバレと感想

運命じゃない人 2005年の邦画

運命じゃない人の概要

制作:2005年 日本
監督:内田けんじ
出演:中村靖日、霧島れいか、山中聡、山下規介、板谷由夏、他

運命じゃない人の見どころ

平凡なサラリーマンの一夜をサラリーマンを取り巻く人々が、ある一夜をそれぞれの視線で過ごしていき、意外な真実を浮き彫りにしていくというストーリー。

運命じゃない人のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

どこにでもいそうなサラリーマンの宮田は半年前に別れたあゆみの事を引きずっていました。
そして今でも新しい出会い自体を拒否しながら生活しています。仕事から帰って家に着いたとたんに同級生神田から、あゆみのことについて話があると言われてレストランで待ち合わせしました。
急いでレストランに向かうと神田がやってきて、あゆみが結婚するらしいということを教えてもらいました。そして宮田には新しい恋をして欲しいと言い、そのレストランに居た真紀をナンパして神田はさりげなく帰ってしまいます。そして宮田が真紀と話をしていると、真紀は婚約者に裏切られて家を飛び出したと言いました。話し込んでいるうちに夜も更けてしまい、宮田は真紀の事を家に泊めることにしました。宮田と真紀が家に着くと、魔の悪いことにあゆみが宮田の家に荷物を取りに来ました。真紀が空気を読んで帰って行く中、なんとか真紀の電話番号だけをもらうのでした。
・・・神田は私立探偵をしています。そこに宮田の元彼女であるあゆみがやって来ました。あゆみが結婚詐欺師だと知っている宮田はしょうがなしに入れてやると、今、ヤクザの組長と付き合っていて金を盗んできたと言いました。そして宮田のマンションにパスポートを置きっぱなしにしていたことを思いだして、神田に取って来て欲しいと頼みます。宮田はあゆみが結婚詐欺だったとは知りません。神田はなんとかまるーく収めたいのでできるだけ宮田にばれないように行動しようと計画します。そして二人で合いかぎを使い、宮田の家からパスポートを取ってきますが、この時にあゆみは金を宮田の家に隠してきました。

ネタバレと結末

しかし後で神田はヤクザに捕まってしまいます。実はそのお金は上下だけが本物のお金で後は偽札でした。組長もメンツがあるので偽札がばれることを恐れてあゆみを探しました。あゆみの手掛かりは神田であり、神田を問い詰めるもあゆみ自体が結婚詐欺師ということがヤクザにバレます。札束は、宮田の家に真紀が来たときに真紀が盗んでおり、ヤクザはそうとは知らずお金を取りに来たあゆみを捕まえます。
神田はヤクザから解放された後、宮田の家に金を探しに行くも、そこにはあゆみの事は全て吹っ切った!と胸を張ってあゆみのものをすべて捨てた宮田の姿がありました。真っ青な神田と、吹っ切れた宮田。しかし真紀に貰った電話番号は通じなかったが、真紀は咄嗟に盗んだものの宮田に札束を返しに行くのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました