ラブファイト/あらすじとネタバレと感想

ラブファイト 2008年の邦画

ラブファイトの概要

制作:2008年 日本
監督:成島出
出演:林遣都、北乃きい、大沢たかお、他

ラブファイトの見どころ

大沢たかお初の映画プロデュース作品。
いじめられっ子の男子と、その男子を守るために強くなった女子がボクシングを通じて成長していくラブストーリー。
キャッチコピーは「世界でいちばん、痛い恋。」

ラブファイトのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

幼稚園から一緒の立花稔と西村亜紀。稔はその頃からいじめられっ子で、亜紀はいつも稔を守って喧嘩していたのでケンカが強くなりました。それは高校生になってからも同じで、不良に絡まれている稔をいつも亜紀が守っていました。なぜ稔がそこまでいじめられるかというと、美人の亜紀が助けに来るからであって、本音では稔は嫌がっていました。そしてある日稔がまた不良に絡まれていると、そこに大木が助けに来ました。大木はボクシングジムを経営しており、自分でも強くなりたいと言う気持ちがあった稔は弟子入りします。稔は毎日のようにジムに通い、ランニングを続けます。その事を知った同級生の恭子も大木のジムに入りました。恭子は稔の事がずっと好きで亜紀の事が邪魔だと思っていました。稔は亜紀にボクシングを始めたことを内緒にしていましたが、恭子はうっかり亜紀に言ってしまうのでした。
そして稔がジムに行くと亜紀がサンドバッグを殴っていました。自分もボクシングをやると言い、もともと強かった亜紀はメキメキと上達していきます。一方大木と初めてスパークリングをする稔は怖くて相手の事を殴れないのでした。亜紀は恭子から稔の事を解放してあげて欲しいと言われイライラして大木にスパークリングを申し込みます。亜紀はパンチが届かずに、ますます練習にのめり込むようになりました。
その頃、大木は元カノの女優順子がジムにやってきます。二人は週刊誌にすっぱ抜かれて二人とも夢を諦めた経緯がありました。そして順子の出る映画で、俳優と試合をしてお金を積むので負けるように言われてしまいます。

ネタバレと結末

稔は大木とスパークリングをした日から引きこもっていました。大木に亜紀に勝つためにボクシングを始めたと白状し、白状した稔を見て大木はガセ試合を受け入れる決意をしました。
映画の撮影が始まり、大木と俳優がリングに立ちました。大木がわざと殴られるのを見ていた稔はますますボクシングが怖くなりました。何度殴られても立ち上がる大木。その姿は稔の心を動かします。
撮影試合の後、亜紀は大げさに稔の前で大木にキスします。亜紀は止めて欲しかったのですが稔は何も言いませんでした。亜紀は泣き出してそのまま帰ります。泣く亜紀をはじめて見た稔は亜紀に対して違った感情が出てきたのでした。
順子はプロデューサーの事を殴り、自分もケガして入院していました。もう女優はあきらめたという順子に大木は寄り添います。
亜紀と稔は初めてちゃんと対戦します。稔が勝ち、稔を守る必要が無くなった亜紀に稔が亜紀を守るからと亜紀にキスをするのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました