南風/あらすじとネタバレと感想

南風 2014年の邦画

南風/あらすじとネタバレと感想

南風の概要

制作:2014年 日本・台湾
監督:萩生田宏治
出演:黒川芽以、テレサ・チー、郭智博、コウ・ガ、他

南風の見どころ

女性編集者が台湾を訪れて自転車を借りて走り出す。旅で出会った少女や青年と出会い、最終目的地の日月潭への旅立ちが主人公の人生を変えるサイクリングストーリー。

南風のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

雑誌編集者の風間藍子は旅とサイクリングを目的とした記事を書くために不本意ながら台湾にやって来ました。
藍子は担当していたファッション誌を下ろされたり、彼と別れたりと嫌なことが続いていました。藍子は台湾旅行で心機一転できたらなと淡い期待を持っています。藍子は台北に住む友達の由貴にガイドしてもらおうとするものの、由貴は妊娠していて断られてしまいます。藍子はとりあえず自転車を借りようと自転車やに行きます。そこには16歳の少女トントンが店番をしていました。藍子はトントンを見てびっくりします。トントンは藍子の彼氏を寝取った女とそっくりだったからです。思わず嫌悪感が露骨に出てしまいます。
トントンは藍子が日本人だと知り嬉しそうにします。トントンはいつか日本でモデルになりたいと思っていたからでした。トントンはさりげなく藍子がどこに行くのか聞くと、日月潭だと言うので年齢を偽って自分がガイドをしたいと申し出ます。トントンが受けるモデルのオーディションが日月潭で行われるからでした。藍子はしょうがなくトントンにガイドを頼みます。早速トントンは保護者にも出かけることを伝えずに藍子と自転車旅行に出かけてしまいます。
日月潭は台湾中部にあり、サイクリストの植村豪がそこでイベントを開いています。二人は旅に出たものの言葉の壁が厚く、うまくコミュニケーションが取れませんでした。二人は微妙に喧嘩しながら足を進めて行きます。しかし途中で藍子の自転車が壊れてしまい、大学生のユウが通りかかり助けてもらいました。
そして改めて三人でサイクリングすることになりました。トントンはユウにひとめぼれし、何かとユウに話しかけます。しかし肝心のユウは藍子が気になるのでした。三人はご飯を食べて、そこで宿泊することになりました。するとそこにトントンの隣人が叔父が心配していたから帰ろうと追いかけてきました。トントンは拒否し、藍子とユウは飲みに出かけます。そして二人は言葉の壁を越えて距離を縮めて行くのでした。

ネタバレと結末

トントンもユウも日本と台湾の歴史を良く知っていました。そして植村ゴウとユウが従妹だと知ります。ユウは藍子が植村ゴウをインタビューするのを知って連絡を取り合っていたのでした。
そして日月潭にたどり着き、トントンの家族が追って日月潭まで来ます。藍子が未成年だとばれてしまい、藍子はトントンを責めました。そしてユウは日本語が話せ、父が日本人だと言います。藍子はユウが日本語がわからないと思って愚痴まではいていたのでした。次の日、ユウはそのまま旅を続けるために出て、藍子は日本に戻ります。一年後、モデルとして有名になったトントンは愛媛に来ます。藍子がしまなみサイクリングに取材に行くと聞いたからでした。そのイベントにはプロサイクリストとなったユウの姿もありました。三人のわだかまりも消え、三人で自転車に乗ってスタートするのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました