下衆の愛/あらすじとネタバレと感想

下衆の愛2016年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

下衆の愛の概要

制作:2016年 日本
監督:内田英治
出演:渋川清彦、岡野真也、忍成修吾、細田善彦、内田慈、古舘寛治、津田寛治、でんでん、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

下衆の愛の見どころ

さえない映画監督がもう一度映画を撮りたいと思う女優に出会い、映画を撮ることを思い立ち最後の賭けに出るが問題は山積みで、結局最後まで映画は撮れないというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

下衆の愛のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

映画監督テツオは間もなく40歳を迎えます。テツオは昔、インディーズの映画祭で賞を取ったことがあるというのが過去の栄光で、それ以来はずっとパッとせず映画すらまともに撮っていませんでした。
自分でもどうにかしたいとは思っているものの、何もせずにお金にも困っていて劇団の団員から授業料を貰ってどうにか生きています。それでもそんなテツオの事を憧れているゲイの助監督マモルが居ました。マモルはマモルでハメ撮り動画をヤクザに売って生活していました。
ある日、テツオの劇団に新しい二人が入りました。田舎から上京してきた女優になりたいミナミと脚本家に憧れているケンです。ミナミが演技をしているのを見たテツオはミナミの演技の虜になり、またケンが描いてきた脚本でミナミを主役にした映画を撮ろうと思います。そしてプロデューサーの貴田に脚本を見せ、貫田からもOKをもらうのでした。テツオはミナミへの演技指導に熱が入ります。ミナミは行き過ぎたテツオの指導にも一生懸命に付いて行きました。そしてミナミはひそかにケンへの恋心が芽生えているのでした。
そんなある日、テツオは居酒屋で出会った楓にひとめぼれされ、そのまま楓の家に転がり込みます。
一方劇団員たちは、突然入ってきたミナミが主役をするので当然おもしろくありませんでした。劇団の中でもどうしても女優になりたくてテツオに身をささげてきた響子は激怒です。響子とマモルは組んでミナミを主役から降ろそうとします。加納監督を呼んで飲み会を開き、テツオを煽った後、ミナミの事も煽り、加納監督とミナミがセックスしている所をテツオが見てしまいます。ミナミを汚されたテツオはショックを受けました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

劇団は滅茶苦茶になり、ミナミは体を武器にのし上がって行きます。テツオは新たに映画を撮ろうとし、楓は支えるために体を売りますがテツオに罵倒されます。テツオはミナミに自分の映画に出て欲しいとお願いに行くもミナミがいるステージはもうテツオのステージとは段違いになっていると言われます。しかしケンとテツオはあきらめず、ミナミのための脚本を書くと言い久々にテツオは脚本を書き上げ、貴田に見せに行きアドバイスをもらいます。テツオとマモルは久しぶりにやる気になって映画の話を熱く語っている時、二人を襲おうとしている男が見えるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました