引き出しの中のラブレター/あらすじとネタバレと感想

引き出しの中のラブレター 2009年の邦画

引き出しの中のラブレターの概要

制作:2009年 日本
監督:三城真一
出演:常盤貴子、林遣都、中島知子、岩尾望、竹財輝之助、萩原聖人、本上まなみ、他

引き出しの中のラブレターの見どころ

ラジオパーソナリティが番組を通して多くの人の思いを伝えるヒューマンストーリー。
ある日、ラジオパーソナリティは高校生の男のことから笑わない祖父を笑わせたいという思いを送ってきて、祖父は居なくなった祖母に手紙を書き祖母もまた祖父に手紙を送る。

引き出しの中のラブレターのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

東京でラジオパーソナリティとして働いている保田真生。ある日北海道に住むリスナーの高校生速見直樹から”笑わない祖父を笑わせたい”という手紙が届きます。そして保田はリスナーに祖母の笑わせ方を募集するのでした。そしてリスナーからは笑わせる方法が届いてきます。保田は読み上げ、直樹はすぐに実行して行きますが祖父は全く笑いませんでした。直樹の父と祖父はもともと仲が悪く、この笑わせることが原因でますます仲が悪くなっていきました。
一方で、保田も父と四年前にケンカをしてそのままにしておいたら二か月前に亡くなってしまっていました。49日を終えて、保田の妹が遺品を整理していると父から保田への手紙を見つけて保田に送ります。父が保田に出せなかった手紙が入っていたものの、保田は読まずに机の引き出しにしまい込むのでした。
その頃、直樹から保田にもう祖父を笑わせる募集はやめて欲しいという手紙が来ます。直樹の祖父が倒れたのでした。保田は直樹に直接会いに北海道まで行きました。そして直樹の祖父にも会い、気分を悪くさせてしまって申し訳ないことを告げても、直樹の祖父は心を閉ざしたままなのでした。
直樹の叔父に会い、直樹の父と祖父の仲が悪くなったことを聞き出すと、直樹の祖父が知り合いの借金の保証人になってしまい借金を背負ってしまって祖母が出て行ってから仲が悪くなったという事でした。当時、直樹の父はまだ幼かったのです。

ネタバレと結末

色々と考えさせられた保田は東京に帰り、父の手紙を読んでみることにしました。保田の父はラジオのパーソナリティをしている保田の事を馬鹿にしていましたが、手紙にはラジオから聞こえてくる声で元気が出ることもあり、素晴らしい仕事だと絶賛していました。亡くなってから父子のわだかまりが消えた瞬間、保田は涙してしまいました。
その後、保田はラジオ番組の中で親しい人に伝えたいのに伝えられなかった思いを「引き出しの中のラブレター」として企画し、直樹の祖父に一行でいいから手紙を書いて欲しいと頼みます。
いよいよ放送の日、直樹がラジオの前に居ると直樹の祖父の手紙が読み上げられます。直樹の祖母に対しての手紙で”今は優しい息子と孫に囲まれ、幸せに暮らしている”という文章でした。そして直樹の祖母が保田の前に現れ、祖父への手紙を託します。保田は祖父に持って行くと、祖父は保田に笑顔でありがとう。というのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました