阿弥陀堂だより/あらすじとネタバレと感想

阿弥陀堂だより 2002年の邦画

阿弥陀堂だよりの概要

制作:2002年 日本
監督:小泉堯史
出演:寺尾聰、樋口可南子、北林谷栄、他

阿弥陀堂だよりの見どころ

南木佳士の小説を実写映画化。
とある理由でパニック障害になった妻を連れて夫の故郷へと引っ越し、そこで阿弥陀堂を守り続ける老婆と出会い交流していき再生していくというストーリー。
キャッチコピーは「忘れていた,人生の宝物に出逢いました」。

阿弥陀堂だよりのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

小説家の上田孝夫は医師で妻の美智子と自分の故郷である信州の谷中村に引っ越してきます。
美智子がパニック障害を患った事から療養しようと思い移動したのです。二人は死者が祭られている村の阿弥陀堂にやってきて堂の主である96歳になるおうめ婆さんに挨拶します。おうめ婆さんは二人を見て喜びました。
村は無医村であり、美智子が診療所を開くことにしました。美智子も療養中なので週に三回、午前中だけでしたが村人は医者が来たことで喜びます。美智子もまた信州の自然と暖かい人々によって癒されて行くのでした。夫婦は阿弥陀堂に立ち寄り、高齢のおうめ婆さんの世話を焼きます。
時間も多くあることから村の子供たちと遊んであげることもありましたが、美智子たちには子供が居なく辛くて涙することもありました。夫婦は堂にトイレがないおうめ婆さんのためにトイレを設置してあげることにします。そうこうしている間に、夫婦は村の人と積極的に付き合おうとする気になり、田植えや川釣りなどそこでしかできないような事にもチャレンジしていきます。と同時に美智子の病気もゆったりと改善していくのでした。時間が経ち、夫婦はこの村で骨を埋めようと思います。美智子は高齢者の多い村人を支え、村人からも頼りにされるのでした。しかし美智子の体調はまだまだで、毎日診療所を開けれるほど回復はしていませんでした。
盆が過ぎて、一人の女性を診察しました。
阿弥陀堂だよりを村の広報に載せており、この女性は病気によって声を失っていました。おうめ婆さんが話し、彼女が言葉を紡いでいっているコーナーでしたが夫婦はこの阿弥陀堂だよりがとても心地よかったのです。

ネタバレと結末

そしてこの女性小百合の喉の腫瘍がまた再発していることを見つけます。小百合と共に総合病院を訪れ、おうめ婆さんは阿弥陀様を拝みます。しかし小百合の病気は悪化の一方でした。
美智子はこれまで何百人もの死を見てきていて、心が壊れてしまったのと同時に流産してしまったことでパニック障害を患っていました。その後小百合の手術は成功し、美智子もいつの間にか死を乗り越えていました。そこに小百合の父が今度村に病院を建てるから医院長になってくれと言ってきます。その頃にはすっかり美智子もまた医者としてやっていく覚悟ができており、前向きに考えるのでした。
やがて退院した小百合が村に戻ってきて美智子のおなかにも新しい赤ちゃんがいました。ある春の日、夫婦は小百合とおうめ婆さんと記念写真を撮るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました