ハーメルン/あらすじとネタバレと感想

ハーメルン 2013年の邦画

ハーメルンの概要

制作:2013年 日本
監督:坪川拓史
出演:西島秀俊、倍賞千恵子、他

ハーメルンの見どころ

福島県の昭和村にある廃校に元校長が住んでいて、老朽化で取り壊しにより立ち退きが出て卒業生が遺跡出土品の整理でやってきて過ごすうちに校舎への思いが大きくなっていくというストーリー。

ハーメルンのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

山の中にある廃校になった小学校で暮らしている元校長先生がいます。
校庭に生えた銀杏の木と共に、校舎を修繕しながら住んでいました。しかしその校舎も老朽化のために取り壊しが決まっており、秋には校長も立ち退かなくてはなりませんでした。
同時に遺跡が保管されているので、卒業生でもある博物館の職員の野田が整理しに来ていました。夜になり野田は恩師の綾子先生の娘のリツコのお店を訪ねます。そしてリツコから綾子が老人施設に入っていることを知らされるのでした。遺跡整理が続いて学校で過ごす時間が多くなる野田は昔を思い出して、閉会式で埋めたタイムカプセルの事を思い出します。しかし埋めた場所は綾子先生しか知らないのですが、綾子先生は痴ほう症になっており場所が特定できませんでした。リツコはそんな綾子の元を一日おきに訪れていました。リツコには父も居ますが長年疎遠でした。そんな様子を見ている校長は気にはしているものの何もできませんでした。
リツコも好調の元を訪れて、綾子が満州から持ち帰った大事な時計が見当たらないことを話します。
遺跡の整理が終わった野田は校長とリツコの父について話してみます。リツコの父はラッパを吹いており、戦場に送る時にいつも吹いていましたが、終戦を迎えてこれでもう吹かなくていいと喜んだことが原因で上司に鉄砲で殴られて左耳が聞こえなくなっていました。そして父は二度とラッパを吹かなくなったという話を校長から聞いた野田は、リツコに時計を盗んだのは俺だと告白します。
リツコは父を訪れて母がホームから病院に移ることを話します。そして自分が使っていたピアノをもらう事を約束し、学校の祭りに出かけます。父は調律師を呼んでごぞごぞしているうちに階段から落ちて亡くなってしまいます。祭りを楽しんでいるリツコに父が亡くなった知らせが飛び込んでくるのでした。

ネタバレと結末

学校に遺跡を取りにトラックがやってきてだんだんと立ち退きの準備が進められます。
リツコは綾子を車いすに乗せてやってきました。すると綾子は「子供たちはどこかしら?」と昔に戻っていました。
冬になり、校庭に雪が積もります。校長が亡くなり、葬儀に来た野田はタイムカプセルを掘り出そうとしました。そこにリツコが来て、野田に校長から預かっていたフイルムを渡します。
そこには閉校式の日の人形劇のオチと、チャイムを鳴らす綾子先生の姿がありました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました