約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯/あらすじとネタバレと感想

約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯 2012年の邦画

約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯の概要

制作:2012年 日本
監督:齊藤潤一
出演:仲代達矢、樹木希林、山本太郎、天野鎮雄、他

約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯の見どころ

1961年に起きた名張毒ぶどう酒事件で死刑判決を受けた男が無実を訴え続け、半世紀戦い続けたドラマを実写映画化。

約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

1961年、三重県名張市のはずれにある小さな村で事件が起こりました。
その名も”名張毒ぶどう酒事件”です。慰安会で出された葡萄酒を飲んだ女性が次々と倒れて五名が亡くなってしまった事件でした。警察は殺人事件として捜査し、慰安会に参加していた奥西勝を連行します。
奥西は妻をこの事件で亡くしており、動機は三角関係の清算だと言われます。奥西には村に愛人が居たため、妻と愛人を殺してしまうと言う計画だったと断定されてしまいます。奥西は刑事に追い込まれて、自分が葡萄酒に農薬を混ぜたと自白するものの、後から警察による自白の強要だと主張しました。
この葡萄酒事件には証拠がほとんどありませんでした。問題の葡萄酒の王冠自体もすでに老朽化しており、奥西が農薬の瓶を捨てたと供述した場所からももちろん農薬の瓶は出てきませんでした。
しかし奥西が自供したと聞いた村人たちは一気に掌を返します。次々と奥西の犯行を裏付けるような事を口にしだしたのでした。
始めの津裁判所では、証拠が乏しいことから奥西は無罪になります。しかし検察がすぐに控訴し、高等裁判では奥西に死刑が下されます。そして最高裁でも死刑が確定しました。
1987年になり、奥西に支援者が現れました。川村富左吉と言い、奥西の再審を求めて署名活動してくれます。奥西の母タツは事件の後村を追われていましたが、息子の無罪をずっと信じてきていました。母は息子の身を案じた手紙を書き続け、内職で電車賃をためて月に一度会いに行っていました。
その頃同時に鈴木泉弁護士も弁護団に参加し、第5次再審請求しました。そして死刑の決め手になった葡萄酒の王冠を歯で開けたという奥西の歯型と王冠の傷が一致しなかったのです。

ネタバレと結末

しかも奥西が使ったとされる農薬は赤色でしたが、村人は葡萄酒が白かったと証言していました。
そして1988年、奥西の母が無念のまま亡くなります。逮捕から36年経っても第5次再審請求は棄却されます。2002年の第7次再審請求している時にすでに80歳を目前とした奥西は胃癌になり大手術を行いました。そして44年経った2005年にやっと奥西の死刑が停止されました。しかし検察は異議申し立てし、奥西の支えになっていた川村もこの世を去ります。そして45年経った2006年に高等異議審は再審請求を再び棄却します。最高裁は名古屋高裁に審理の差し戻しをし、奥西の無罪が開かれたかのようでした。
しかし51年経った2012年にまた再審請求は棄却されてしまいます。奥西は心労で入院し、面会に行った鈴木弁護士は手錠が掛けられていたことを悲しく思い、裁判官たちへの怒りを出していきます。
事件の人たちはすでに亡くなっている人も多く、再審の決定と取り消しを繰り返しても奥西を死刑にしたい司法に対して何を狙っているのかわからないのでした・・・。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました