死刑ドットネット/あらすじとネタバレと感想

死刑ドットネット 2010年の邦画

死刑ドットネットの概要

制作:2010年 日本
監督:坂牧良太
出演:桑田尚樹、松本未夢、迫田朋美、平井夏貴、佐藤絢香、山崎潤、二宮康、高橋のぶ、藤田薫子、須田浩章、他

死刑ドットネットの見どころ

借金がもとでデリヘルの受付をしている主人公は常に女からも馬鹿にされ、店長からもゴミ扱い。偶然見つけた死刑ドットネットというのに店長を名指しすると、参加者から殺す人物として自分が指名されてしまう。殺せないでいると始末されに来るが次々と殺していくしかなくなるというストーリー。

死刑ドットネットのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ギャンブルが元で借金がかさみデリヘルの受付をしている隆太は、デリヘル穣にもパシリに使われ、店長にもゴミ扱いされています。今日もデリヘル穣の買い物をして帰る時に女子高生にぶつかって女子高生のケイタイが落ちた時にケイタイについていたストラップを踏みつけて女子高生に怒鳴ります。
そしてデリヘルの部屋に戻り、店の電話が鳴って働きたいと言うので話をして最後に隆太の名前を言うと電話はガチャ切りされてしまいます。対応を見ていた店長のコジマが隆太に怒り狂い八つ当たりを始めました。借金が元なのでコジマに何も言い返せず、いつも暴力を振るわれていました。隆太はそんなコジマの事を恨んでいます。
深夜になり隆太は死刑ドットネットというサイトにアクセスすると、すでに五人の参加者が被り物などで顔を隠して参加していました。隆太もすぐにストッキングをかぶって参加します。そして”R”と名乗りました。メンバーは狂介、モン太、関根、JACK、アン、そして管理人のGODでした。
このサイトのルールは順番に殺したい人物を上げていき、殺したい理由を説明するとGODが有罪を出します。そして順番に凶器準備係、殺す係、証拠隠滅係が回ってきて殺人を実行するのでした。誰かができない時には裁判をし、死刑になります。そして自動的に殺されてしまうというものでした。第一ターンは関根でしたが、ブラックジョークだと思っており関根が殺されてしまいます。

ネタバレと結末

第二ターンで隆太は凶器準備係になり殺す係のアンに渡すためにコインロッカーを利用し、隆太が隠れていると取りに来たのは関係のない女の子で、ちゃっかり隆太の写真が送られてきてビビります。
第三ターンは証拠隠滅係になり行くと死体があり、始末しました。第四ターンはアンの依頼でターゲットは隆太でした。そして殺す人は”R”つまりは自分でした。隆太は自分を殺して遺体も始末したことにします。
やっと第五ターンで隆太の番になり店の千夏を指名します。証拠隠滅係はアンでした。
隆太は千夏を狂太に殺させた後、狂太を殺しアンを待ちます。そこに間違ってデリヘル嬢のアキナが入ってきて隆太が殺してしまいます。この事で裁判になり毒殺が決まります。何も食べずに隠れているとデリヘル嬢のハルが食べ物を持ってきますが、毒殺を恐れている隆太はハルも殺してしまいます。
隆太が出社しないのでデリヘル嬢とオーナーが隆太の部屋に入ると隆太が殺してしまいます。誰もかれも敵に見える隆太は外に出て惨殺しまくります。そして隆太は逮捕されます。そのニュースを見ていたのはアンであり、携帯のストラップを踏まれた女子高生なのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました