恋に至る病/あらすじとネタバレと感想

恋に至る病 2011年の邦画

恋に至る病の概要

制作:2011年 日本
監督:木村承子
出演:我妻三輪子、斉藤陽一郎、佐津川愛美、染谷将太、他

恋に至る病の見どころ

女子高生が生物の教師に憧れて、日ごろから教師とセックスをして性器を交換する妄想を抱いており、実際にセックスしてしまうと本当に性器が入れ替わってしまったという青春ドタバタコメディ。

恋に至る病のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ツブラは女子高生です。生物の教師マドカに日ごろから憧れを抱いており、マドカを監視し観察ノートができるくらいでした。観察ノートにはマドカと性行為をして性器を交換する・・・という妄想まで書かれておりました。ツブラはマドカが居る生物室にしょちゅう遊びに行きます。しかしその日は勢い余って、ツブラはマドカを逆レイプしてしまいます。セックスが終った後、二人は本当に性器が入れ替わっていることに気が付きます。
丁度夏休みなこともあって、マドカは実家にツブラを連れて行き、とりあえずは表向き”夏期講座合宿”という事にして悩みます。しかしツブラが持っていたノートを見てしまい、ツブラの事が怖くなって飛んで押し入れに逃げ込むのでした。ツブラは仕方なく友達のエンに観察ノートを送ります。
そのエンの家にはいつもベランダから入ってくるマルがエンが居ない間にエンの下着を嗅いだりと変態行為を繰り返しています。そこでツブラからの封筒を見つけたエンは持って帰ってしまうのでした。エンはマルに封筒を返せと言いますがマルは無視します。
エンはツブラが心配になりマドカの家に行き強引に三人で一緒に暮らしだします。するとやはりエンがツブラの異変に気が付いてしまうのでした。そこにマルがやってきてエンを連れて帰ろうとしますがなぜかマルも一緒に住むことになります。マドカはツブラに病院に行ってみることを提案します。ツブラはこのままでいいと思っていたため、暴走します。そこにマルがノートに書いていたことをからかうとツブラがマジ切れします。

ネタバレと結末

マドカも入って喧嘩していた時にエンが入ってきてツブラに告白を始めます。その事に凍り付く三人でした。
マルはツブラに性器があるからセックスしたいのかとからかい、エンはそのまま服を脱いでマルにセックスしろと言います。マルはエンに服を着せ、連れて帰ります。マルは泣きっぱなしでマドカがツブラを探しに行くとマルとエンがキスしていました。そしてマドカがツブラを連れ戻します。
家に帰り、マドカとツブラは服を脱ぎお互い裸になります。ツブラは勃起していました。二人はセックスし、眠ります。次の日にツブラはいなくなっており、学校が始まると生物の教室ではツブラとエンがおり、一人でいるマルをマドカが見守っていたのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました