心中天使/あらすじとネタバレと感想

心中天使 2010年の邦画

心中天使の概要

制作:2010年 日本
監督:一尾直樹
出演:尾野真千子、郭智博、菊里ひかり、國村隼、萬田久子、麻生祐未、風間トオル、他

心中天使の見どころ

同じ時間に倒れた三人が、倒れた時から何かが変わっていくことに気が付いていながらも普段通りに生活していくが次第に世界が変わっていくというファンタジーストーリー。

心中天使のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ピアニストのアイはある日空を見上げて倒れます。会社員のユウ、女子高生のケイも同時に何かに気が付いて倒れてしまいました。倒れたものの三人は何事も無かったように起き上がり、普段通りに生活します。
しかしその時を境に、三人は感覚が変わったのに気が付きます。それまでは気にならなかったようなことが、すごく気になりだすのでした。アイは実家でピアノを教えていました。同時にピアニストでもありリサイタルが控えていたのですが急にピアノが弾けなくなり、両親はそんなアイを心配します。アイの両親は心配をするもののみんな別々に食事をとるような家族でした。アイは何かを感じて屋上に登り、目を閉じて下に落ちてしまいました。
一方平凡な会社員のユウには前妻との間にひとり息子がいて、新しい彼女もできていました。彼女は子供に会ってみたいと言い、彼女と子供と前妻は仲良くなりました。ユウの本に挟んであった写真を見るもののどこで撮ったのかを思い出せませんでした。そして電話が鳴り、電話を取ると切れてしまいます。ユウは葵ペンキで自分も彼女も部屋も塗ってしまいます。
女子高生のケイはバスケをしていました。コートに入るとなぜか一人多いと言われてしまいます。ケイの担任はアイの父です。何かの存在を聞こうとするもののケイは聞かずにいました。母親から彼氏を紹介されるものの、ケイは上の空なのでした。おまけにケイの母のおなかには赤ちゃんが居て再婚すると告げられます。
アイの母はアイの事を気にしますが、尋ねるもののアイはそっけなく返すのでした。アイは家族を避けるように生活していきます。ユウの彼女もまたユウがそっけない事が気になっていますが言葉にできないのでした。

ネタバレと結末

アイはある日、父に大事なことを忘れている気がすると相談します。しかし父はそのうちに思いだすだろうという事と、何も忘れてないと言うのでした。アイはあの倒れた日からずっと何かに呼ばれているような気がしているのでした。
ユウの家には電話が鳴っては切れてが繰り返され、ユウは彼女にそのことを言うと彼女は電話は鳴っていないと言います。
リサイタルが成功したアイは家族と穏やかな日を過ごしています。
ケイは再婚に伴い引っ越しをしていました。三人がうまくいっている中、ケイが学校に行こうとすると黒い猫が居て抱きしめていると、飼い主が来て黒猫を連れて行きます。その日、ケイが家に帰ると家のカギが変わっており中に居た母からは知らない子だと言われてしまいます。ケイはお礼だけいいそのままアイの家に行きます。するとアイの両親がケイの事を自分の子のように接しました。アイの父が学校に送っていく途中、アイの父が何かを忘れている気がする・・・とつぶやくのでした。ケイは思いださない方がいい。と言って出発しました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました