いらっしゃいませ、患者さま。/あらすじとネタバレと感想

いらっしゃいませ、患者さま。 2005年の邦画

いらっしゃいませ、患者さま。の概要

制作:2005年 日本
監督:原隆仁
出演:渡部篤郎、大友康平、原沙知絵、藤岡弘、石橋蓮司、他

いらっしゃいませ、患者さま。の見どころ

経営不振の病院が、風俗界のカリスマを助けたことから病院を風俗風に革命していき見事経営がV字回復するというコメディ映画。

いらっしゃいませ、患者さま。のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある日、ストリップ劇場では風俗界のカリスマと呼ばれる恩地明朗のショーが行われていました。
ストリッパーサユリがワイヤーにつるされて、踊っていると突然落下します。そしてサユリの元彼のヤクザが怒ってステージに上がり、恩地に向かって俺の女を使うなと怒鳴り発砲します。ステージを見に来ていた近馬病院の院長と一言話して恩地は気を失います。救急車を呼び出すも、どこもたらい回しで結局近馬を乗せて近馬記念病院に出発します。しょうがなしに近馬は夜勤看護師の和実と応急処置をするのでした。
近馬記念病院は先代の院長がヤクザの三島から金を借りて建てていたので、常に三島の取り立てが激しく給料すらまともに払えないほどでした。そのため、医者も看護師も辞めてしまい残った人員でフル稼働していたのでした。そしてその日も三島らがやってきて、今月の金利が払えなかったら病院を取り上げると脅されます。恩地はその話を聞いていましたが、事務長に治療費を100万以上求められてさすがに文句を言います。事務長が病院の継続を諦めていると、恩地が病院を立て直すと言いだします。
そして病院のメンバーを集めて早速会議を開きました。そして風俗と病院を合体させる案を解き、翌日からは看護師の指名、延長料金や別料金など風俗の料金システムをそのまま病院に持ってきます。
このわかりやすいシステムが受け、病院は大繁盛していきました。
更に恩地は銀座のホステスを呼んできて同伴人間ドックを始め、金を得て有名な医者を二名呼んできました。若い医者には子供受け満点なテーマパーク方式診察で子供の人気を集めます。

ネタバレと結末

そんな中、今でも患者を見下した感じで診察している近馬院長には患者は金だと認識させます。
三島への借金も余裕で返済し、恩地の仕業だと思った三島は厚生省の沼田を連れて近馬病院に行きます。三島は病院への恨みがあり、借金を貸して近馬病院を取り入れてヤクザ専門の病院にしようと思っていたのです。そして沼田がやってきて病院の様子を見て、医師の資格停止と病院の営業停止を言い渡します。その時三島は血を吐いて倒れます。三島は肺がんでしたがどの病院も見てくれなかったのでした。近馬はそんな三島のオペをしました。無事に成功し、何の役にも立たなかった沼田に何も見なかったことにして帰れ問いい渡します。そして無事に経営が安定した近馬病院でしたが、その頃ひっそりと居なくなっていた恩地はストリップでナースの企画を持ち上げているのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました