真夏の方程式/あらすじとネタバレと感想

真夏の方程式 2013年の邦画

真夏の方程式の概要

制作:2013年 日本
監督:西谷弘
出演:福山雅治、吉高由里子、北村一輝、杏、山﨑光、塩見三省、白竜、風吹ジュン、前田吟、他

真夏の方程式真夏の方程式の見どころ

東野圭吾の推理小説ガリレオシリーズの第6作目真夏の方程式を西谷弘監督が映画化。
この作品で湯川の相棒である内海薫(柴咲コウ)から吉高由里子演じる岸谷美砂へ変更された。
主演は福山雅治。
10歳の少年を取り巻くなぞを湯川が解決していく物語である。

真夏の方程式真夏の方程式のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

帝都大学理工学部の准教授、湯川学(福山雅治)は夏のある日の事、玻璃ヶ浦に居ました。
海底鉱物資源開発の説明会に出るのでした。
この開発では住民の意見が真っ二つに割れており、湯川は中立の立場として招かれています。
その間、湯川は旅館「緑岩荘」に泊まることになりました。そこで一人の少年恭平と出会います。旅館の親戚の子で夏休みの間緑岩荘に居ることになっていました。
次の日、緑岩荘の宿泊客でもある元刑事の遺体が上がります。元刑事はある殺人事件を追っていて、足を滑らせたことによる転落死となりました。
恭平と話しているうちに、理科が嫌いだと知った湯川は科学の面白さを伝えます。普段なら子供を嫌がる湯川でしたが、恭平とは心を通わせていました。
捜査一課刑事の岸谷美砂が湯川の元にやってきます。
転落死と思われた元刑事の遺体は死因解剖すると一酸化炭素中毒死だったのでした。
元刑事の泊まっていた部屋のボイラーが壊れており、そこで一酸化炭素中毒になったのだろうと考えます。しかし誰かが運ばないと部屋で亡くなってしまうことになります。
すると旅館側が、部屋で死んでしまうと客足に影響が出ると思い運んでいたことが解りました。
しかしよくよく調査してみると、それだけではありませんでした。元刑事が探っていた昔の事件が深く関係していたのです。15年前、ホステスが殺され常連の客が自首してくる事件がありましたが、実は殺したのは旅館の娘、成実だったのでした。成実もまたホステスと常連の子で、旅館の夫の子供でもありませんでした。両連客と妻の子供だったのです。

ネタバレと結末

それでも旅館の夫は成実をかばうために、隠し通していたのでした。
そのことを知ったホステスが旅館に強請りに来て、成実だけしかいなかったので、幸せそうな家族像を壊すために成実に暴露します。
口論になり成実がホステスを刺してしまい、実の娘の事をかばった常連客が自首しました。
表向きには解決した事件でしたが、元刑事が再調査しに来てたことで再び危機が来たと思い、旅館の夫婦が計画して元刑事を殺したのでした。足の悪い旅館の夫に代わって、恭平が計画に絡んできていました。自分のしたことが殺人だったことに恭平は驚きますが、湯川は気にしないように説得します。一人ではないことを告げ、湯川は玻璃ヶ浦を去っていくのでした。

真夏の方程式のみんなの感想

ネタバレなし

同タイトルシリーズのドラマのスピンアウト作品。ガリレオシリーズとも言う。主演の福山雅治演じる物理学の教授が相棒役の女刑事と科学や物理を巧みに用いて謎解きし犯人を追い詰めていくミステリーもので、事あるごとにTPOを選ばす、キテレツなそぶりで閃いてしまう主人公に毎度文句を並べながらついていく相棒役のかけあいが見所といえば見所です。毎度そのトリックこそ違えど、話の展開はお決まり紋切り型のテンプレートな印象があります。(30代男性)
真夏の方程式は、とても大好きな福山雅治が主演であることと、杏も出ているので見たかった映画です。この原作をみていたので、その通りの演出であったと感じます。特に良かったのは、子供と福山雅治との関係です。映画の中では、子供を好きではないということでしたがだんだんとその気持ちが変わっていくところが、ほっこりとした気持ちになることができてよかったです。やっぱり福山雅治と子供の演技が最高でした。(50代女性)
福山さんのガリレオはTVシリーズは良かったのですが、映画は「容疑者Xの献身」が面白くなかったので、この「真夏の方程式」も期待せず観に行きました。そしてやはり面白くなかったです。TVならば曖昧な、と言うよりいい加減な事件に係る流れを、彼の「ありえない?」と「実に面白い」の二つの言葉で正当化してしまう事が出来ないから、湯川准教授の活躍が不自然なのです。仕方ないから子供を登場させペットボトルロケットで二人を繋ぎエピソードを増やしているのも残念でした。
小説ならばきめ細かく表せるディデールが、短い上映時間内に詰め込めず粗くなるならば、原作が悪いのではなく、脚本が良くないって事になります。
この映画に限らず、ヒット小説の映画化は失敗する確率が高く、読んでから観るスタイルの私には馴染めないものです。(60代男性)

ネタバレあり

福山雅治扮する湯川学と、小学校5年生の恭平との、一緒に海に向かってペットボトルロケットを飛ばす実験をしている、世代を越えた心の交流のシーンが印象的でした。普段、子供嫌いの湯川が、恭平とは一緒に作業をできていることが湯川の意外で、良い一面だと感じました。
また、不倫の末に出来た実の娘である成美をかばって、自ら罪を被った仙波を捜査していた塚原刑事を、育ての親である川畑重治が殺害してしまうという事実は、暴かれた所で誰一人として報われない結果になることと、どこまでも澄みわたる青い空と海との対比がエンディングシーンで印象的でした。(20代男性)
東野圭吾さんの「ガリレオ」シリーズは、ドラマ、映画ともすべて見ていますが、主演の福山雅治さんがまさにはまり役。そしてこれもまた、福山さん演じる湯川が、その推理力をいかんなく発揮し、予想を裏切らない面白さでした。昔の殺人事件を追う刑事が殺され…と、二つの事件を追う湯川。明らかになった真実はあまりにも悲しいものでした。思わぬ形で事件に関わることになってしまった少年の将来を気遣う湯川に胸打たれます、環境と資源開発は共存できるかといった裏テーマがあるのは、理系卒の東野さんならではでしょう。舞台となった海の美しさとともに、とても心に残る作品でした。(50代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました