ロマンスドール/あらすじとネタバレと感想

ロマンスドール 2020年の邦画

ロマンスドールの概要

制作:2020年 日本
監督:タナダユキ
出演:高橋一生、蒼井優、浜野謙太、三浦透子、大倉孝二、ピエール瀧、渡辺えり、きたろう、他

ロマンスドールの見どころ

タナダユキの小説を自身が脚本、監督を務め実写映画化。
ラブドール職人の夫とその妻がお互いに秘密を持っており、夫はラブドール職人という職業。妻は病気に犯されていることを秘密にしていたが、妻は死んでしまい夫は完成度の高い妻のラブドールを作って販売し、完成度が高すぎて警察に捕まってしまうというストーリー。

ロマンスドールのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

北村哲雄は美大を出てからフリーターをしていました。
ある日、北村の美大時代の先輩から紹介されラブドール製作工場「久保田商会」で働き始めるのでした。そして意外にも深いドールに惹かれて熱心に仕事に打ち込むようになりました。ドール造形士は初老の相川金次しかおらず、しかも昔っからの職人気質でした。ラブドールはより本物に近い質感が出せるかが勝負です。社長を含めて話し合い、人間の乳房の型を取ることにしました。そして”医療用の人工乳房”作成のためと言って乳房のモデルを招き入れました。そして北村園子が久保田商会にやって来ます。園子が美しすぎて相川は逃げ出し、哲雄が型を取るようになります。そして哲雄は園子の胸を触った時、園子にひとめぼれをしてしまうのでした。その後哲雄は園子に告白し、二人は付き合うようになりました。
園子は医療用の人工乳房の作成に関われて嬉しいと言いますが、哲雄はラブドールのためとは言いだせないまま時間が経ちます。そして自分の職業すら言い出せずにそのまま結婚してしまうのでした。
園子の乳房のラブドールは売れていき、哲雄はますます仕事に没頭していきます。仕事は忙しいまま四年の月日が経ちました。ある日のこと、出勤しない相川の家を事務員が訪ねていくと相川が亡くなっていました。相川の葬儀を開くものの、相川の家族は葬儀に来ず久保田商会の面々と園子は悲しみに伏せました。

ネタバレと結末

久保田商会は新素材のラブドールを作成するにあたって取り組んでいたので、新しい両角を雇いました。
しかし両角はスパイであり、データを盗んで他社で新製品がだされてしまいます。哲雄はやさぐれてしまい、仕事帰りに飲みに行くことが増えます。ひろ子と知り合い、浮気して、園子とも空気が悪くなりました。園子は実家の父の具合が悪いと言って家を留守にしますが、それは嘘だとばれてしまいます。そして深夜に男に抱きかかえられた園子が帰宅し、問い詰められますが園子は哲雄に逆に隠し事をしていることを問い詰めます。園子も自分が浮気したことを告白し、離婚したいと言います。園子を問い詰めると、自分がガンに犯されていることを告白し、命は長くないと言います。園子は哲雄に自分のラブドールを作って欲しいと言い、哲雄と体を重ねるうちに園子は亡くなってしまいます。
そして”そのこ”と題したラブドールは販売され、あっという間に完売してしまいます。しかし完成度が高すぎて社長が警察に連行されてしまいます。しかしすぐに帰ってきてまたラブドールを作ろうと言いだします。すべてが終わった後、哲雄は園子との結婚生活を懐かしむのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました