グッモーエビアン!/あらすじとネタバレと感想

グッモーエビアン! 2012年の邦画

グッモーエビアン!の概要

制作:2012年 日本
監督:山本透
出演:麻生久美子、大泉洋、三吉彩花、能年玲奈、塚地武雅、小池栄子、他

グッモーエビアン!の見どころ

吉川トリコの小説を実写映画化。
思春期の少女が、母と血のつながらない父のような存在の男と同居し、家族や友達のありがたさを知りながら成長していくというストーリー。

グッモーエビアン!のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

中学生のハツキの母は、未婚のまま17歳でハツキを生んだ元パンクロックバンドのギタリストのアキと二人で仲良く暮らしていました。
その頃、ハツキに世界を放浪しているヤグから一枚のはがきが届きます。ヤグが日本に帰って来る知らせでした。ヤグはアキが妊娠した時に同じく15歳のヤグが父になると言い出したのですが、結婚せずにそのまま今でも家族ぐるみの仲良しでした。ハツキはヤグを幼いころは本当の父だと思っていたのでした。
そうして放浪の旅から帰ってきたヤグは当然のようにアキの家に帰ってきて生活していきます。
二人暮らしの家は一気に明るくなりますが、ハツキは前のようにヤグを受け入れることができませんでした。ハツキは裕福でなんの悩みもなさそうな幸せそうな(に見える)家のトモちゃんとヤグの事でケンカをしました。その時、トモちゃんはハツキに何か言いたそうな感じでした。
トモちゃんは純粋に羨ましかっただけなのですが、素直ではないハツキはそのままトモちゃんのいう事を聞かずに帰ってしまいます。次の日、突然トモちゃんが家庭の事情で転校していました。トモちゃんの家はいつの間にか離婚していたのでした。何も知らずにいたハツキは涙します。それでも中学生、真面目に授業を受けていると突然ヤグが教室にやってきて、トモちゃんにちゃんとお別れをするように言ってきました。トモちゃんのお別れには間に合わなかったものの、ヤグのおかげでトモちゃんとちゃんとお別れすることができました。
その後、ハツキはハッキリと言えるようになるものの、ハッキリ言いすぎて進路のことで母のアキとケンカしてしまいます。

ネタバレと結末

ある日、ハツキとアキはケンカしすぎてハツキは家出をしてしまいます。
しかしアキはハツキの家出先を知っていました。アキはハツキを探しに行き、二人で改めていろんな話をしました。そこでアキはヤグの悲しい過去やアキがヤグをどう思っているかを知ります。
アキはハツキの名前をヤグが決めたことも教えました。アキとヤグは入籍をしていないものの、法律上だけの問題であり、今現在三人がお互いを思いやっている絆は家族の絆だということをハツキに教えます。
ハツキはその後、中学を卒業し、ヤグのライブを見に行くとヤグは”ハツキにささげる曲”をハツキのために演奏してくれるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました