ヒキタさん! ご懐妊ですよ/あらすじとネタバレと感想

ヒキタさん! ご懐妊ですよ 2019年の邦画

ヒキタさん! ご懐妊ですよの概要

制作:2019年 日本
監督:細川徹
出演:松重豊、北川景子、皆川猿時、河野安郎、原田千枝子、山中崇、濱田岳、伊東四朗、他

ヒキタさん! ご懐妊ですよの見どころ

作家ヒキタクニオの”「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」男45歳・不妊治療はじめました”を実写映画化。
49歳の作家ヒキタが一回り以上年下の嫁に子供が欲しいと言われ不妊治療をはじめ、五年に渡る妊活を続け、わが子を抱くまでのストーリー。

ヒキタさん! ご懐妊ですよのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

49歳の人気作家のヒキタクニオ。一回り以上年下の妻サチと暮らしていました。
子供をつくらず二人で暮らしていこうと思っていた二人でしたが、サチの気持ちが変わり、ヒキタさんの子供が見たいと言いだします。
はじめは驚いたクニオでしたが、サチの強い希望で妊活を始めることにします。基礎体温を付け始め、サチの実家にも子供をつくる宣言をしに行きました。サチの父は大学教授で、クニオの本を下敷きにしていたのを見たクニオはカチンときます。
二人は排卵日に行為にチャレンジするものの、一年経っても子供ができませんでした。サチは病院に行って検査し、サチには異常がなくクニオに精子を持って病院に行けと容器を渡します。
なぜだ!と思いつつ言われたとおりにすると、クニオの精子は運動率が20%しかなく、普通の行為では妊娠ができないことを医者に告げられます。毎日トレーニングして周りの同年代よりも元気なクニオはショックを受けます。認められないクニオは専門医の所まで行きますが結果は同じ。そして人工授精をすることにしました。人工授精には三度失敗し、クニオは精子の運動量を上げると言われているものすべてに手を出す勢いで頑張ります。そのおかげで精子の運動量が75%にまで上がりサチが妊娠しました。クニオはやめていた酒を飲み宴会しますが、赤ちゃんの心臓が止まってしまうのでした。
クニオはショックを受け泣き崩れているとサチが励ましてくれました。しかしサチも隠れて泣いています。

ネタバレと結末

クニオは前向きに頑張ることにし、また精子のトレーニングに励みます。医者からは顕微授精を勧められますが、費用の事もあり人工授精で頑張ります。そして13回目の排卵日の日、クニオは酒を飲み過ぎてしまいサチに「もう辞めよう」と言われてしまいます。
そこにサチの両親が来て、父がクニオのせいで子供ができない。無理して作る必要はない。と言いだします。サチは怒り、欲しいと言い出したのは私だと言います。父はサチを殴って帰りました。
一部始終を見たクニオは顕微授精することにします。
一回目の顕微授精が終った後、サチの父が憎まれ口をたたきながら通帳を渡してきました。クニオも頑張り、二回目の顕微授精で見事に妊娠しました。しかし頭に空洞があると言われ、心配しますが自然に治るものもあると言われ、サチが結果を聞きに行きクニオに向かって丸を作り二人はサクラの下で抱き合うのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました